マンジュキッチにユナイテッド移籍話が再浮上!

マンジュキッチにユナイテッド移籍話が再浮上!

いったんは閉ざされたマンジュキッチのマンチェスター行きの扉だが、再度開かれようとしている。

〜Calciomelcato.com〜

 

『お互いの要求に隔たりがある』として、破談したと伝えられていたマンジュキッチのユナイテッド移籍話。その後、同じセリエAのミランが興味を示しているとも言われていましたが、ここに来て『選手側が要求のレベルを大きく下げた事により、ユナイテッドへの扉が開かれた』と報道されています。

 

今シーズン、不調を極めるユナイテッドですが、プレミアリーグは9試合を終えて2勝4分3敗の14位。ヨーロッパリーグこそ2勝1分でグループリーグ首位を走るものの、ヨーロッパで戦えるチームレベルまで戻す為に、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得は至上命令。まだ手当が付く冬の時点で、マンジュキッチと言うカンフル剤を獲得する可能性は大いにあると感じています。

今シーズンは『双方合意の上で』チーム練習にすら参加していないマンジュキッチ。冬の移籍は確実視されているものの、その行先はマンチェスターなのかミラノなのか、それとも新たなチームが名乗り出てくるのか。まだ‘’ユベントスの一員‘’であるマンジュキッチを取り囲む状況や発言にも、注目したいと思います。

 

 

まとめ

これだから移籍市場は分からないし、そして面白いのよね。『ミランへの移籍濃厚』と言われた中でユナイテッドの名前がまた出てきて、そしてマーケット再開が近付いてくれば、更に他のチームが名乗りを挙げてくる可能性もある。編集長的にはユナイテッドに行って、若いチームをベイビーベイビー引っ張って行って欲しい気持ちがあるけど、ミランに移籍すれば対戦相手として対峙できて、それこそアバラル君あたりと2人で『ガツガツ君』になり『ゴリゴリ君』になり、最後は2人揃って『赤紙君』になったらサイコーだと思った。

そうこう言っている間に1月までもう残り2ヶ月。ユーベには不満を口にしているナスJもおるし、それこそロボが怪我から復帰した際の事も想定しなきゃならないし、更には『ユッティ、お前はいつ戻ってくるだ』て話もあるし、また冬にひと揉めしそうな予感ですが、ひと揉めじゃなくてひと揉みしてるアゴーニもどーすんのかねー。

 

アタランタのポイントゲッターであるサパタを、ユベントスのポイントゲッタらないアゴーニが止められないシーン。たまらないよねー。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版