ラビオは早々にユベントスを離れるのか!?

ラビオは早々にユベントスを離れるのか!?

アドリアン・ラビオはプレミアリーグに向かうかもしれない。

〜Mundo Deportivo〜

 

1月に迎える冬のメルカート、もしくはシーズン終了後に『移籍確実』と言われるエリクセンの後釜に、トッテナムがラビオをピックアップしていると報じられました。

 

今シーズン開幕前にPSGからトランスファー・フリーで移籍したラビオは、大きな期待を背負って加入したものの、監督のサッリが『コンディション不十分』として起用を控えており、今シーズンの出場はわずか5試合(279分)。現時点では「期待に応えている」とは到底言えず、そして選手本人も納得出来るチャンスを与えられてはおりません。

そこで出てきたのが代理人であり、母親でもあるベロニク・ラビオ。PSG時代にも『物言う代理人』として‘’名を馳せた‘’母親がこの状況に黙っているはずもなく、先日も『このままの状態が続けば、バルセロナに売り込みをかける』と発言したとも言われております。

『代理人』としてもう少し上手く立ち回れないものか、とも思いますが…。

 

しかし、実際にトッテナムがエリクセンの後釜を探す必要はあり、そして『余剰状態』が続くユベントスにおいて、この噂を全て否定する事も出来ません。

ボローニャ戦ではスタメン出場を果たし、コンディション次第ではユベントスの中心選手になりうるとも言わるラビオ。選手と代理人がどれだけ「我慢」できるのか。サッリの起用方法も含め、今後の動向に注目したいと思います。

 

 

まとめ

今回は『エリクセンとのトレード』とかって話ではないので、編集長的にもある程度客観的に見る事が出来るんだけど、結論から言うと「ラビ彦は残すべき」と言うスタンスです。確かに今はコンディションの問題(山コメより)でチャンスは少ないけど、まだまだシーズン始まったばかり。これから出場機会も増えるだろうし、何より今のチームにラビ彦のようなテクニカルな中盤はアゴイチ以外におらず、いまはナス大、松っちゃんがレギュラーとして出場しているけど、ここに割って入りそして違いを作れるのはラビ彦だけだと編集長思ってるの。

確かにラビ彦自身も『期待』を感じて加入しているだろうからストレスもあると思うけど、シーズンはまだまだ続くよどこまでも。決してチャンスがゼロと言う訳でもないし、まずは目の前の5分、10分でも全力を尽くして山ちゃんの信頼を勝ち得て欲しいと思います。そして敏腕・剛腕・ワンワン吠える代理人のラビ代氏におかれましても、もう少しだけ我慢しろ下さいとお願い申し上げます。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版