ダニーロ、デ・シリオの復帰は先送りに!

ダニーロ、デ・シリオの復帰は先送りに!

『ダミーロ、デ・シリオの両選手は、ボローニャ戦には召集されないだろう』

 

イタリアのTutto Sportがそう伝えております。

 


 

ダニーロとデ・シリオともに順調な回復ぶりを見せており、今週は個別トレーニングに、そして来週中にはグループトレーニングにも復帰予定。しかし、サッリが「リスクは負いたくない」としてボロニャー戦の召集を見送る事になりそうです。

 

 

両サイドバックのスタメン選手

2019-20 右SB 左SB
パルマ戦 デ・シリオ サンドロ
ナポリ戦 デ・シリオ サンドロ
フィオレンティーナ戦 ダニーロ サンドロ
アトレティコ戦(CL) ダニーロ サンドロ
エラス・ヴェローナ戦 ダニーロ サンドロ
ブレシア戦 ダニーロ サンドロ
SPAL戦 クアドラード マテュイディ
レバークーゼン戦(CL) クアドラード サンドロ
インテル戦 クアドラード サンドロ

 

注目すべきは今シーズンの右サイドバックに関して、デ・シリオとダニーロの両選手が戦列を離れた後、コンバートされたクアドラードが思いのほか安定したパフォーマンスを見せている事。守備のフェーズにおいてまだまだ不安定な部分はありますが、もしこのままクアドラードが安定感を見せれば、「右サイドバックのオプション」として起用する目途も立つのではないかと期待できます。

もちろん、本職ほどの働きは期待できませんが、それでもターンオーバーの一角として計算する事は可能となり、例えば大一番を迎える前の試合や、試合展開に応じて途中からクアドラードを右サイドバックに投入し、デ・シリオ(またはダニーロ)を左サイドバックに回すことにより、‘’今シーズンの代えの利かない選手のひとり‘’と言われるサンドロを休ませる事も可能になるはずです。

 

 

今回、ダニーロ、デ・シリオ両選手ともに復帰を急がせなかったのも、サッリが「クアドラードである程度計算できる」と踏んだからに違いありません。『災い転じて福となす』ではありませんが、今回の両サイドバックの戦線離脱により、ユベントスに思わぬオプションが加わるかもしれず、それは現在のチーム状況を鑑みた時に「効果的な補強」となるかもしれません。

「ユベントスの唯一の泣き所」と言われるサイドバックにおいて、クアドラードのコンバートがどのような影響を及ぼすのか。怪我人の復帰のタイミング、そしてサッリの采配に注目したいと思います。

 

 

まとめ

前にもお伝えした通り、クアドラマンのサイドバック起用は基本的には編集長は反対。とは言っても「完全コンバート」が反対なだけであって、「オプション」としてはありだと思ってる。特に劣勢な展開になり、ユッティとオジーロでは両サイドを攻めきれなくなった時に、クアドラマン投入でアクセントを付けるのは面白いと言うか、それこそ効果的なオプションになるかと。とにかく今シーズンは「自由気ままな‘’ゆとり王子‘’」と「加齢による筋肉疲労が心配されるオジーロ」が名を連ねているだけに、手持ちの駒は大いに越した事はない。あとはあの吞兵衛がどれだけ使いまわせるかだけど、今回で味をしめて「クアドラマン中心」で行っちゃいそうな気もするんだよねー。

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版