【デ・リフトよ、そこは全精力を掛ける所だ!】2019-20シーズンCL GL第2節 vs バイヤー・レバークーゼン戦 採点

2019-20シーズンCL GL第2節 vs バイヤー・レバークーゼン戦 採点

 

超絶全力で飛び跳ねているコブたんの横で、適当に手だけ挙げているフトたん。早速悪い先輩の影響を受けているんじゃないかと心配になりますな…。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

コブタニー 3.0

生意気にもポヌ&トシが安定したパフォーマンスを見せた為に、ほとんど出番なし。こう言う試合の後でパンイチになる思い切りの良さがあれば、松野さんの域に近づくのだが。

 

クアドラマン 3.5

巷では『慣れないサイドバックで良くやった』と言われているが、月ユベ編集部は後半途中で超絶軽いスライディングずさー、をかましていたのを忘れていません。それでもディフェンスもそこそこ頑張ったし、何より攻撃においてアクセントを与えていました。

 

ポヌッチ 3.0

得意のロングフィードは鳴りを潜めたものの、本業であるディフェンスの部分では安定したパフォーマンスを見せ、クリーンシートに貢献。ポヌッチファンとしては、ハフェルツに股抜きされるシーンも見たかったのだが。つーか、ポヌッチファンじゃないし。

 

フトシ 3.5

『ちょ、ちょっとフトシ君待って。わたし、そんなにされたら、ほんと、本当にどうにかなっちゃう』て言うくらい、しつこいディフェンスでレバークーゼンをシャットアウト。

 

ドンキー 3.0

さすがに疲れてきたでしょ。それもこれも悪いのは全部ゆとり王子だから。

 

 

ナス大 3.5

約束の時間に収穫されたものの、もはや今のユーベには欠かせないナスとなっている事は間違いない。この試合でも見せた、バランスを取りながらもチャンスと見ればゴール前に駆け上がるナス大の無駄な積極性。そろそろ初出荷のタイミングは近いと考えています。

 

アゴイチ 4.0

30歳を前にして『異次元』の域に達しそうな感じです。なんとなーく地味な感じがする出で立ちだけに、コアなファン以外にはそんなに評価されないかもしれないけど、ぶっちゃけユッティとオジーロの年俸の4/5はアゴイチに渡してもおかしくない働きを見せていると思います。

 

松っちゃん 3.0

この試合の後半にも見せてくれましたね、涙のドリブル。3人に囲まれて2億6000万パーセント勝てない勝負に挑む松っちゃん。そして失ったボールをすぐに取り返しに行く松っちゃん。でも、誰もその姿を褒めてくれない松っちゃん。しかし、それこそが「This is 松っちゃん(=褒めてくれないのは顔がトボけてるからです)」でございます。

 

 

ゴロちゃん 3.0

まさかのまさかのスタメン出場で、全米のGG(ゴローガールズ)も急遽濡れる態勢に。プレー自体はまだキレが戻っていないものの、その中でもゴールを決める事が出来たのは何より。GGも最低限の満足度には達したのではないかと思います。

 

ポルちゃん 3.5

今シーズン開幕前は、戻ってくる事に関して揶揄されたポルちゃんでしたが、『雨ニモ負ケズ、禿げニモ負ケズ』で頑張った甲斐があり、今シーズンのCL初ゴールを叩き出しました。ただ、後半途中で適当に守備してた事、お父さんは気付いてるから。

 

ロナ王 3.5

外して、外して、更に外したにも関わらず、最後の最後に決める辺りはやはり千両役者。にくいね、このっ!

 

 

主任 3.0

今シーズンは『締めの主任』として後半途中からピッチに立つ事が多く、持ち前の『無駄にハードなディフェンス』も鳴りを潜め、現時点でカレーはいまだ一杯も完食できず。こうなったらポヌッチ辺りにでも平手打ちでも食らわして、とりあえず景気付けに1枚もらっておきたいところ。※味方への平手打ち行為でも『非紳士的行為』としてカードの対処となります。

 

ラム兄 3.0

しれっと愛称を『ラム兄』にしてみたんだけど、どうかな?お兄ちゃんぽくて、なかなか合ってると思うんだけどね。お兄ちゃんぽくで、なかなか合ってると思うんだけどね。(これだけアピールすれば誰か絡んでくれるんじゃないかと思い2度言いました)

 

キュン 3.5

出場時間が短く通常であれば『採点対象外』になるのですが、QGからの支持が欲しいので『3点目のアシストをした』と言う一点だけ買って、採点は3.5。

 

 

山下 IHT

意外と鼻が高い事が判明しました。