ポグバが1月にユナイテッド退団を希望か?そして行き先は???

ポグバが1月にユナイテッド退団を希望か?そして行き先は???

イギリスのThe Sunによりますと、マンチェスター・ユナイテッドのポール・ボグバはいまだユナイテッドから離れる事を望んでおり、1月に移籍希望を口にするのではないか、と伝えられています。

 

 

今夏の移籍市場も賑わせたポグバですが、噂に挙がったレアル・マドリーやユベントスへの移籍が実現する事はなく、今シーズンもユナイテッドでプレーをする事に。しかし、ワールドカップ優勝メンバーの心の中には、「移籍希望」の熱が冷める事はなかったと言う事でしょうか。

 

 

プレミア EL
2019-20 4試合 1試合

今シーズンのポグバは公式戦5試合に出場して得点こそ無いものの、開幕のチェルシー戦では2アシストをマーク。また、出場した試合は全てフル出場を果たし、引き続きスールシャール監督の信頼を集めている事が伺えます。

しかし、今シーズン第2節のウルヴス戦では自ら得たPKのチャンスを失敗し、ゲームは1対1のドローに。試合後には‘’ユナイテッドサポーターを名乗る複数の人物‘’から、SNS上で差別的な投稿が届いたとして、物議を醸しだしております。

ユナイテッドで自身を取り巻く環境にも不満を感じているのか…。

 

 

以前から伝えられている通り、ユナイテッドはポグバに対して‘’天文学的な違約金‘’を含めた契約延長を打診する準備を進めているようですが、The Sunは「ポグバはユナイテッドから提示される契約更新にサインしないだろう」とも伝えております。

ポグバの本命はレアル・マドリーである事は周知の事実ではありますが、「移籍」の情報が先行すれば、その行先にレアル・マドリーだけではなく『ユベントス』の名前が挙がる事は避けられず、そしてピャニッチが30歳と言う年齢を迎える事を考えると、ユベントス側から名乗りを上げる可能性は「ゼロ」とは言い切れないと考えます。

 

一度は『ユベントスの背番号10』を脱ぎ捨てた男が、再度ビアンコネロのユニフォームに袖を通す日が来るのか。引き続きポグバの動向に注目して行きたいと思います。

 

 

まとめ

これはねー、無い。基本的には無い話なんだけど、ただし記事に書いた通り「ピャニッチの年齢」を考えると、その可能性を全否定する事はできず。でも、万が一にあったとしても、「ピャニッチを売却したお金でポグバ獲得」ってなるだろうから、1月じゃなくて来年の夏なんだろうけど。いずれにしても本命はレアルである事は間違いなく、でも個人的には「エリクセンどうするの?」って思ってて、更に言うなら「レアルはポグバ獲るならエリクセンまでは手出せないだろうから、そこ狙っちゃいなよ」ってユーべに対して言いたい気分。

 

最終的には「You エリクセン獲っちゃいなよ」って事です。

 

※この画像は今回のNewsとなんら関係ありません。ちょっとオチが弱かったので松ちゃんでお茶を濁そうと言う魂胆です。でも、サッカーチームのファンサイトで「最後にオチを付ける必要」ってあるんですかね?

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版