【魅惑の4-3-1-2を披露!】2019-20シーズン第5節 vs ブレシア戦 マッチレビュー

2019-20シーズン第5節 vs ブレシア戦 マッチレビュー

ブレシア 1-2 ユベントス

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

前節のエラス・ヴェローナ戦では逆転勝利を収めたユベントス。とは言え、ここ直近チームとしての出来は決して及第点を与えられるものでもなく、フィオレンティーナ戦は苦戦を強いられた上にスコアレスドロー、アトレティコ戦では2点差を追いつかれてドロー、そして練習中のボール回しではポルちゃんが荒くれてチームに泥を塗る、などパッとせず。このブレシア戦にも勝って連勝として、弾みをつけたいところです。

 

えーっと、念の為にですが『ドロー』と『泥』で韻を踏んでおりますので、お気付きでない方がいらっしゃれば、少し巻き戻して今一度編集長渾身の一撃をご堪能下さい。

 

 

そしてこの試合では山ちゃんが今シーズン初となる『4-3-1-2』を採用。前線は未だ愛称が決まらずに悩める子羊状態のラムジーをトップ下に、その前を悩める宝石のキュンと、悩んでるからハゲたのか単に遺伝でハゲたのか分からないポルちゃんが並ぶ布陣。まー、最初に言っちゃいますがこの3人の関係性、特に距離感が良く、真ん中の狭いところをショートパスでリズムを作り、そして相手が集まってきた所をサイドに散らす、とリズムよく攻撃を組み立てていました。

もともと4-3-1-2だとトップ下の両脇のスペースを攻撃時に誰が埋めるのか(誰が顔を出すのか)、と言う課題が有るのですが、この試合ではナス大とラビ彦がうまく前後運動を繰り返してサイドの起点になり、そこに両サイドバックが絡む事により、攻撃に厚みを持たせる事が出来たと感じています。今シーズン初出場となったラビ彦に関しては、キックオフ直後は試合に入れていない印象があったものの、時間の経過とともにボールタッチ数も増加。更にはキュンが途中交代した後にはひとつ前目のポジションに移っており、その基礎技術の高さと柔軟性を披露。今後、敏腕代理人のラビ代が出しゃばってこなければ、チームにとって大きな力になると手応えを感じました。

 

 

まぁ後はYouTubeとか見れば大体分かると思うんで得点シーンにだけ触れさせて頂きますが、1点目はブレシアのオウンゴールだったのに、近くにいたポヌッチが『俺のゴール』みたいに振る舞っていたのはイラっとしましたね。あれで人差し指をクルクル回してたら『ファンを欺く非紳士的行為』で退場処分にしてもいいのにな、て思いました。更にそこにフトシも『俺が決めちゃった風』な感じでアピールしているようにも見えましたが、あれは単に喜んでいただけなのか、それともワンチャン自分のゴールにしようとしていたのかが気になります。若干19歳と言う年齢はまだまだピュアな部分が残るものの、逆に言えば周囲に感化されやすい時期でもあり、酸いも甘いも知ったオッサン達に揉まれる中で、小賢しい知恵などを刷り込まれない事を願います。

ポヌッチ辺りから悪い影響を受けない事を願います…。

 

 

最後に気になっていた方も多いと思いますので、あえてこの場で挙げさせて頂きますが、この試合ではマリオ・バロテッリがブレシアでのデビューを飾っており、実況の北川さんも事あるごとに『スーパー・マリオ!スーパー・マリオ!』と紹介していました。しかし「スーパー」におけるカテゴリは違えども、ユベントスにも‘’スーパーで売られているナス‘’がいる事は明らかな訳で、せめてバロテッリを紹介する時に「今日は両チームのスーパー対決にも期待したいですね。特に秋はナスが美味しい季節ですし、スーパーでも艶やかなナスが陳列されている事でしょう」くらい言っても罰は当たらなかったんじゃないかな、って思いました。

 

 

言うーーー?

 

 

そんなん言うーーー?

 

 

むしろ罰当たるよねーーー。

 

 

アトレティコ戦に続いて審判にボールぶち当てたナス大選手。

 

 

 

つーーーことで、ユーべにしては珍しく綺麗なサッカーを披露して勝ちました!

 

こうなって来ると見ていて楽しいサッカーを期待持っちゃうファンもいると思うけど、世の中はそんなに甘くないから、次のSPAL戦は絶対に期待したらダメだかんねーーー。こういった後は塩必至だかんねーーー。

 

 

それでもーーー

 

 

Forza Juve!