▶▶▶ 最新の「ユベントス存在しない回bot」

【本当の意味で帰って来たぞ!】2019-20シーズンCL GL第1節 vs アトレティコ・マドリー戦 採点

2019-20シーズンCL GL第1節 vs アトレティコ・マドリー戦 採点

 

昨シーズンは怪我によりCL決勝トーナメント登録メンバーから外れたクアドラード。しかし、アトレティコ戦のゴールで「帰って来たぞ、帰って来たぞ、クアドラマン♪」でごじゃーます!

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

コブタニー 3.5

2失点は喫したものの、前半見せたビッグセーブも含めて試合を通じて安定したパフォーマンスを見せた。そうなると、やはり最大の敵はフトシのバックパスか。

 

オジーロ 2.5

パスミスも多く、そして効果的な攻撃参加も鳴りを潜め(元々そんな技は持ち合わせていないが)、更に「老け顔」と、オジーロがオジーロたる所以を証明してくれました。ある意味本領発揮でしょうか。て優香、足を痛めた振りして倒れこむのやめてくれ。マジでサイドバックおらんから。

 

ポヌッチ 3.5

生意気にも安定したプレーを披露し、セットプレーを除けばアトレティコ攻撃陣をほぼ封じ込めた(まぁそのセットプレーが問題ではあるんだけど)。ついては編集長的にはこれまでポヌッチに対して厳しい言葉を浴びせてきたので、深くお詫びしようと思いませんでした。

 

フトシ 3.5

いいね。『これぞフトシ!』て言うプレーを多数見せてくれました。ただし、これでポヌッチの出来が悪ければ「お前だけ活躍してんじゃねぇよ」とアヤ付されるのでほどほどに。

 

ドンキー 3.0

国内リーグの3試合で見せてた程のキレは無かったけど、いくらなんでも疲れて来たんだと思います。それもこれもユッティの責任だな。

 

松っちゃん 3.5

フィオレンティーナ戦では『涙のドリブル』で全米を号泣の渦に巻き込んだ松っちゃんですが、この試合ではゴールでユベンティーニを歓喜の波に巻き込みました。て優香、サッカー選手が普通にドリブルで仕掛けただけなのに、なんで松っちゃんの場合は泣けるんでしょうね。

 

 

アゴイチ 3.0

ちょっと警戒されていた感じで、マークも少しきつ目だったかもね。あと昨シーズンから感じていたんだけど、アゴイチって試合終盤なると交代させられるじゃない。あれって体力的なものなのかな?

 

ナス大 3.5

相当効いていたんで、後半15分過ぎの『ナス狩り』の時間が来るのが怖かったんだけど、本当に狩られた後に中盤がわずかながらバランスを崩して、最終的に同点弾を喰らってしまいました。ただ、いずれにしてもナス大の本職はバランサーではなくストライカーなので、一刻でも早い今シーズンの初ゴールを期待していなす。

 

クアドラマン 3.5

本当にクアドラマンの波の激しさは凄いね。前半はパスしてダメ、トラップしてダメ、ドリブルしてダメ、だったのに、後半になったらいきなりキレが増して来てゴールまで決めるんだもん。そんなんできひんやん、ふつう。

 

ポルちゃん 2.0

この試合ではあまり効果的なプレーを見せる事はできず、そして前日に荒ぶっている動画も見つかってしまったので、ここは心を豚にして採点2.0。

 

ロナ王 3.5

試合を通じてゴールを狙う姿勢を見せ続け、アトレティコの脅威となった。開始直後からブーイングが飛んでいたが、普段ポルちゃんと練習を共にする事により、ブー語にも慣れていたのではないかと思う。

 

 

そんな訳あると思うー?

 

 

 

主任 3.0

この試合ではナス大との交代でインサイドハーフとして出場。今シーズンはインパクトのあるプレーは見せられず、このままだと主任から一般職に降格になると思います。

 

キュン 3.0

出場時間も少なくてあまり見せ場が無かったけど、これまで通りキュンガール(ズ)からの人気欲しさに採点は3.0。

 

ラムジー 分からん

このタイミングで公式戦デビューかよ!?て全米が驚いたと思いますが、それが山ちゃんと言う男なんだと思いました。ちなみにニックネームは思いつかないので、『ラム二郎』でいい?なんか次男ぽっい感じもするし。

 

 

山ちゃん SKR

この角度から見ると、シャクレ(ShaKuRe)ている事がハッキリと分かります。