【イグアインが背番号21を選んだ理由が明らかに!】2019年9月14日のユベントス ニュース

2019年9月14日のユベントス ニュース

[イグアイン]‘’この夏にユベントスに戻り、すぐに「このチームで戦い続けたい」と思ったし、素晴らしいファンにも囲まれて幸せを感じているんだ。背番号の変更は自分からお願いしたんだ。‘’21‘’は私の娘の誕生日なんだよ。この背番号を背負っていると、どの試合でも彼女の後押しがあると感じられるんだ。そして、21は僕に幸運を届けてくれる番号になるはずだ。‘’

 

ゴンザーロ・イグアイン31歳。開幕スタメンを勝ち取ったアルゼンチン人ストライカーは、自らの意気込みのままに好スタートを切った。決してこのまま順風満帆でシーズンが進むとは言い切れないが、それでも開幕前の逆風が吹き荒れる中を走り抜き、そしていま堂々とユベントスの一員に名を連ねているイグアインであれば、間違いなく困難を乗り越え、そして自身のゴールでチームに勝利をもたらすだろう。娘さんの誕生日に合わせた背番号21。今シーズン、少なくとも「21ゴール」は超えてくれるはずだ。

 

でも…

 

 

21番は空き番じゃなかったですからーーー!

 

 

おいらの番号だったよーーー

 

 

ピンちゃーん、どんマイケル!

 


 

[Nicolo Shira]トッテナムはエリクセンに対して「4年契約/年俸750万ユーロ」の条件を提示した。選手にはアトレティコ、レアル・マドリー、PSG、インテル、そしてユベントスが強い関心を示している。

[Don Balon]エリクセンはレアル・マドリーからのオファーを待ち続ける事に疲れた。1月の移籍市場で気持ちはユベントスに向かうかもしれない。

 

[SKY]エムレ・ジャンはケディラに代わってフィオレンティーナ戦のスターティングメンバーに名を連ねるだろう。

 

[TuttoJuve]フィオレンティーナ戦ではダニーロが先発し、中盤はマテュイディとラビオがポジションを争っている。前線にはこれまで同様にコスタ、イグアイン、そしてロナウドが出場するだろう。

 

[アッレグリ]‘’アニエッリとはこの夏もコンタクトを取っていたし、良い関係を続けられています。ユベントスでは私はとてもラッキーでした。最初にマロッタと仕事をし、そしてその後も良い環境を与えてくれました。ミランで学んだ事と同じくらい、ユベントスでも多くのものを得る事ができたと思います。‘’

 

 

[Globo Esporte]ユベントス、インテル、そしてナポリのイタリアの3チームが、アトレチコ・パラナエンセに所属する守備的ミッドリフダー「ブルーノ・ギマランイス(21)」に興味を示している。

 

[Sport Mediaset]マンジュキッチにはカタールから幾つかのオファーが届いており、そしてカタールへの移籍市場は9月30日まで開いている。クロアチア人ストライカーは、冬を待たずにユベントスを去るかもしれない。

 

[ケビン・プリンス・ボアテング]‘’僕はジェローム(弟)に『偉大なチームであるユベントスへ移籍するべきだ。そしてセリエAはとても興味深いリーグでもある』と伝えたんだが、それは叶わなかったね。‘’

 

 

[ダニエル・ベルトーニ(元アルゼンチン代表選手)]‘’イグアインは決定力のある素晴らしいストライカーだ。ユベントスは彼を戻した事は英断だったね。ディバラは才能ある選手であり、もう少しチャンスを与えられるべきだろう。‘’

 

[ポチェッティーノ]‘’エリクセンは常にスパーズで幸せを感じている。そして彼だけではなく誰もが心の中に野心やチャレンジ精神を持ち合わせているのは当然の事だ。ただ、私がアーセナル戦の前に伝えたように、彼の心は落ち着いており、だからこそ私も起用し続けている。クリスティアンがチームにいる事に感謝しているよ。‘’

 

 

まとめ

今シーズン開幕前はエリクセンの噂が出ていても、それは『噂の噂』程度だったのに、ここに来て少しずつ現実味を帯びてきたと言うか、可能性あるんじゃね?って感じてきたと言うか、「でもレアルが本気出したら勝てないよね」って言うか、とにかく噂だけどそれでも大好きな選手の名前が挙がるのは嬉しいよね。まぁ、来たら来たで「背番号23を与えるか」って話もあるだろうけど、そうなったら本当に申し訳ないけど、エムレ・ジャンには74番に移ってもらって、エリクセンに23番付けてもらうとしよう。

 

えっ、なんで74番なのか?って。

 

 

ナ(7)ス(4)で74番なのは世界の常識でしょうがー!

 

 

ナスで74だって、ははははは。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(2019-20 選手名鑑/愛称版簡易版