サイドバック問題を解決しよう!

サイドバック問題を解決しよう!

 

オーマイスパゲッティ!

 

そんな声が聞こえてきそうなユベントスのサイドバック陣(まぁサイドバックの選手が悪い訳ではないのですが)。

何にしても枚数が足りない所に来て、‘’Mr.ゆとり‘’ことデ・シリオが早速怪我で戦線離脱。チャンピオンズ・リーグ開幕も迫っているのにさすがにサンドロとダニーロの2枚じゃピンチ!という事で、現在所属の選手たちで誰かをサイドバックにコンバート出来ないかと真剣に考えてみました。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(2019-20 選手名鑑/愛称版簡易版

 

エムレ・ジャン

昨シーズン後半はアッレグリの‘’変態采配キャンペーン‘’の一環として、試合中のシステム変更に伴いサイドバックもこなしたエムレ・ジャン。リバプール時代もディフェンスラインは経験していたようなので、一番現実的な選択肢だと思っています。サイドバックに求められる『激しい上下運動』を求める事はできませんが、大体の事は『キン魂』で乗り越えてくれるでしょう!

 

 

マテュイディ

恐らくサイドバックの経験はほとんど無いであろうものの、ファンから「マテュイディのサイドバックを試して欲しい」と言う声が多いのは確か。一対一と球際に強い事から、連携が取れればサイドバックは出来なくもないと言う印象を持ちます。ただ、唯一の問題は「顔がトボけているので、相手に必要以上のプレッシャーを掛けられない」と言う事ですかね。。。

 

こんな記事も書いてますので併せてどうぞ!

 

 

クアドラード

昨シーズンも何度かサイドバックで出場していますし、「本命」と言えば本命なのかもしれませんが編集長的にはNG。確かにウィングの延長線上でサイドバックっぽい動きはするのですが、なにぶん守備のフレーズでは軽さが目立ち、一試合を通じては計算するのは難しいと感じています。

 

 

 

 

ベンタンクール

ベンタンクールは‘’意外とアリ‘’だと感じています。守備も出来るし長い距離も走れるし何よりも安定感がありますし、「ピャニッチのバックアッパーで終わるくらいなら一度はサイドバックを試して欲しいなぁ」と思っています。サイドバックをやる上で何かひとつに秀でている訳ではありませんが、総合力で見れば適正あるんじゃないでしょうか?ただ、イエローカードもらう回数が増えそうですが。。。

 

 

ベルナルデスキ

これは月ユベ毒者さんからの推薦で、いわゆる「ベルナルデスキのザンブロッタ化」と言う事だそうです。確かにザンブロッタがサイドバックに下がった時も「えっ、マジ!?」って感じでしたが、最後はイタリアを代表するサイドバックに成長しましたし、持ち合わせている武器を見比べればベルナルデスキの方がポテンシャルはあるかもしれません。確かにベルナルデスキクラスがサイドバックに入ればサイドの深い位置からも試合が作れるので、サッリの進める「パスサッカー」が進化するかもしれませんね。

 

 

 

ピンソーリオ

ほら、今日のNewsでもこの画像使わせてもらったんですが、これ見る限りだと「60歳で定年を迎えた初老のおじいちゃんが、近くのスポーツセンターのエアロバイクで適当に汗流してる風」に見えちゃうじゃないですか。そしてどうせキーパーじゃ出番ないし、それならサイドバックで出場して、少しでもアスリートである事を世間にアピールして欲しいなぁ、と言う編集長の愛情です。決して‘’オチ‘’とかで使っている訳じゃありません。なんか、この右手を見ても「今シーズンはサイドバックで出場してやるぜ!」って言う、メッセージ性を感じ取れますよね。

 

 

感じるかっ!

 

 

 

まとめ

個人的にはベンタンクールのサイドバックがイチオシですが、みなさんはどうですかね?このまま本職3人で進めてもいいんですが、今回のように怪我人が出たら一気にピンチ太郎になっちゃうんで、シーズン序盤で保険を掛けておくに越した事はないと思います。

という事で、明日行われるフィオレンティーナ戦ではサッリもベンチ入りするようですし、このサイドバックも含めてどういう采配を揮うか楽しみにしていましょう!

 

 

Forza Juve!