【ベルナルデスキとボヌッチが登場】欧州選手権予選第5節 イタリア対アルメニア戦 レビュー

【欧州選手権予選第5節】イタリア対アルメニア戦 レビュー

アルメニア代表 1-3 イタリア代表

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(2019-20 選手名鑑/愛称版簡易版

いまやイタリア代表にユベントスの選手が少ない事もあって、代表戦まで気にしているユベンティーニが少ないのは承知していますが、それでも何人かが召集されていたので、本当に軽くですが報告させて頂きます。

 

<スタメン/4-3-3>

GK:ドンナルンマ
DF:フロレンツィ、ロマニョーリ、ポヌッチ(C)、エメルソン
MF:バレッラ、ジョルジーニョ、ベラッティ
FW:キエーザ、ベロッティ、五郎スキー

 

ユベントスからはポヌッチ、五郎スキー、ロボ、そして生意気にもユッティが召集されていましたが、ご承知の通りロボが右ひざ前十字靭帯を手術する大怪我に見舞われたために辞退し、ユッティが「ちょっとゆとりたい」と言う理由でサボり。結局2選手のみの参加となったものの、ふたりともスタメン出場した事に加え、五郎スキーは背番号10を纏い、ポヌッチは超絶生意気にもキャプテンマークを巻く事になりました。

 

 

 

試合は10分程度のダイジェストを見ただけですが、五郎スキーは好調をキープしている感じなので、ユベントスでもそろそろスタメン出場で見てみたいですね。この試合では左ウィングでスタートしていましたが、以前は代表で偽9番(センターフォワード)で出場もしていたので、ユーべでは偽21番をいったんお休みさせて五郎スキーを使ってみるのもオモローなのかな、って思います。でも、9番剥奪された上に「偽21番」ってどう言う意味なんでしょうね。

 

もうひとりユベントスから召集されたポヌッチは、守備の時間がそれほど長くなかったようなのでダイジェストでは見せ場が少なかったのですが、超絶生意気にも2点目のアシストをかまして、超々絶々生意気だと思いました。このままだとあいつ調子に乗る可能性もあるので、マンチーニ監督におかれましては、次のフィンランド戦では懲罰的な意味合いを含めてスタメンから外して頂いた方がよろしいかと進言させて頂きます。

 

 

 

そんな訳でイタリア代表は勝利を収めて、欧州予選は5戦5勝でグループJの首位を突っ走っております。

 

イタリア代表は前回のワールドカップでは予選敗退してしましたし、来年東京で開催されるオリンピックにもその姿はありません。確かにユベントスに所属する選手が少ないですが、それでもイタリア代表が大舞台に出場し、そこでユベントス戦士たちが活躍する姿を期待したいと思います!

 

 

うん、時間がある時だけになるけど、またイタリア代表のニュースもお届けするからよろしくね。

 

 

Forza Azzuri!

 

この、全ての情熱を国歌斉唱に注ぐするポヌッチ、サイコーですな!