【エムレ・ジャンには明日がある!】2019年9月6日のユベントス ニュース

2019年9月6日のユベントス ニュース

[エムレ・ジャン]ユベントスでプレーする事は誇りであり、そして私が病気を患った時には最大限のサポートしてくれた事に感謝しています。チームの成功が最優先であり、私はその為に戦い続けるのみです。

 

—明日があるさ 明日がある

—若いナスには 夢がある

—いつかきっと いつかきっと

—分かってくれるだろう

 

って事で、CL登録メンバーから外れたエムレ・ジャン。その直後に不満をぶちまける発言をメディアにしていただけに不安だったんですが、改めて「前向きに戦います」と言った趣旨のコメントを残してくれました。

裏でどういったやり取りがあったかは分かりませんが、それでもエムレ・ジャンには明日があるし、それこそ夢だってあるはずです。そしてそれが全て断ち切られたかと言えばそれは間違いなく「No」であり、国内リーグだってあるし冬になればCL決勝トーナメントに向けて再度登録される事も十分にあり得る。とにかく今は腐らずに前向きになる事だ。必ず神様は見ているその頑張りを、そしてキン魂を前面に出してナッスルナッスルする姿を。

 

ダニーロがエムレ・ジャンに声を掛けたかどうかは分かりませんが、心情的には「どんマイケル」である事は間違いありません。

 


 

[SNS]昨日、右膝前十字靭帯の手術を受けたキエッリーニは、同じ病院でリカバリに努めているパヴォレッティ(カリアリ)を見舞った。

 

[スチェスニー]‘’私がローマに在籍していた時、リバプールで世界1になったアリソンが私の後にいて、そしていま、私のバックアップとして歴史上最も偉大なるキーパーの1人が支えてくれている。それはすなわち、現在のナンバーワンGKはスチェスニーと言う事になるのだろう。(冗談を交えながら)‘’

 

[ボヌッチ]‘’フロント陣とエムレ・ジャンの間に何が起こったのかは分からない。しかし、こう言うケースの場合は、まずはしっかりとしたコミュニケーションを取る事が基本になるだろう。‘’

 

[現地より]‘’代表選手がチームを後にしている中、ブッフォン、ダニーロ、ルガーニ、ラムジー、そしてマンジュキッチがコンティナッサで汗を流した。イグアインとドウグラス・コスタはあと2日ほど休養し、金曜日からチームはトレーニングを再開する。‘’

 

[現地より]今日のトレーニングにサッリが姿を現し、部分的にではあるがチームを指導した。代表ウィーク明けのフィオレンティーナ戦のベンチに座る事は間違いないだろう。

 

[ボヌッチ]‘’アルメニアとの戦いはいつもタフなものになる。彼らはギリシャを倒し、そして高いモチベーションを持ってイタリア戦に臨むことだろう。しかし、我々も勝ち点を奪う為にここに来たんだ。‘’

 

[Momblano]‘’エムレ・ジャンがチームを批判した事について、ユベントスは驚きを隠せないでいる。今回CL登録メンバーから外れた選手の代理人対して、すでにそれを通達していたからだ。‘’

 

 

[Daily Express]ユベントスはチェルシーのウィリアンに注目しており、選手は来年の夏にトランスファーフリーで迎える事が出来る。

 

[Cor Sport]チャンピオンズリーグ登録メンバーから外れたマンジュキッチだが、1月にマンチェスター・ユナイテッドに向かうかもしれない。

[Il Messegero]ユベントスはマンジュキッチをカタールか中国のチームに放出させる可能性がある。

 

 

まとめ

・翌週迎えるフィオレンティーナ戦で、ついに『山ちゃん is Back』になりそうだ。まぁ、開幕から不在なんで『Back』じゃないかもしれんけど。でも、斉藤さんが監督代行を務めた開幕戦と第2節では、明らかに2戦目のナポリ戦の方がボールを回す意識が高く、選手間の距離も良かった。それだけに、次の試合では山ちゃん自身もベンチ入りし、ヤマリズモがより鮮明になるのではないかと期待値が上がる。そしてもうひとつ編集長的に注目するのはスターティングメンバー。負傷したロボを除けばパルマ戦とナポリ戦では大きな変更はなく、第3節のフィオレンティーナ戦でも同じようなメンバー起用となれば、それはすなわちナポリ、チェルシー時代と同様に、スタメンを固定しながら戦うと言う事だろうし、逆にいじってくればターンオーバーを掛けて行くと言う意思表示とも取れる。でも、出来ればここは長いシーズンを鑑みた上で、そして不満分子を出さない為にもいじって来ても良いのではないかと考える。センターフォワードに布袋で右にラムジー、中盤はアゴイチの両サイドをラビ彦とナスJが固め、そしてセンターバックにはフトシとアバラル君のコンビ。こんなんでも十分戦えるだろうし、それこそ新生ユベントスをアピールするにはうってつけではないだろうか。2連勝を飾ったこのタイミングだからこそ、ひと勝負賭けて欲しい。更にはユッティがゆとった今だからこそ、クアドラマンなりナスJなりを右サイドバックに入れてみるのも面白いかもしれない。あいつナポリ戦でゆとったまま、いつ帰って来るか分からないし。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(2019-20 選手名鑑/愛称版簡易版

 

CL登録メンバーに関して意見を聞かせて下さい!