デ・シリオの怪我の状況と移籍市場に関して

デ・シリオの怪我の状況と移籍市場に関して

[CMC]4対3の激戦を制したナポリ戦において、右サイドバックで先発出場を果たしたデ・シリオは開始15分でピッチを後にした。その理由は『筋肉系のトラブル』と言われているものの怪我の程度は明らかになっておらず、もしこれがシリアスなものであればユベントスは一気に問題に直面する事になるだろう。そして選手は来週予定されているイタリア代表戦も辞退する事になった。

 

いやね、「怪我」は仕方ないんでデ・シリオを責める事はできませんし、実際にそこを責めるのであれば、それこそキエッリーニも同じ状況であります。そしてこの怪我の大きさによっては、移籍期限間近の滑り込みでサイドバックを獲得する可能性もある訳ですが、そもそも「サイドバックがひとり欠けた程度でピンチ」に陥る状況の方が問題だと思いますし、そもそもお恥ずかしながらのデ・シリオに大きな期待をかけている時点で「なんだかなー(阿藤快風に)」とも感じておりました。

 

 

今シーズンはラムジー、ラビオと言った中盤の即戦力をトランスファー・フリーで、そして「最大の補強ポイント」と言われていたセンターバックにはデ・リフトとデミラルの若手有望株を獲得。更にはブッフォンと言う精神的支柱と、『嫌だ嫌だ』とダダをこねたイグアインがレンタルバックでチームに戻りました。

しかし、この一見「成功」とも見える夏のマーケットでの立ち振る舞いに反して、スピナッツォーラをローマに、カンセロをマンチェスター・シティに放出し、更にスピナッツォーラとの交換トレードの形で獲得したペッレグリーニをカリアリにローン移籍させ、チャンピオンズリーグ制覇を掲げるチームにおいて、サイドバックは「ウィークポイント」に挙げられています。その中でのデ・シリオの怪我。もし、長期離脱になる事があれば、一気にチームに暗雲が立ち込める事でしょう。

 

 

残り9時間足らずとなった移籍市場において、「キエッリーニに代わるセンターバックの獲得を目指している」とも言われるユベントスですが、デ・シリオの怪我の程度に関わらず、もしお金を掛けるのであればサイドバック一択でしょう。

噂のあったダルミアンはパルマ移籍がほぼまとまっていますし、もしサイドバック獲得が叶うのであればそれは正に「ウルトラC」を見せる事になり、今こそパラティッチの腕の見せ所だと期待しています。

 

 

 

 

「移籍市場には最後に必ずドラマが待ち受けている」

 

とは著名なサッカージャーナリストの言葉です。明日の朝起床したら、ミラクルが起こっている事に期待しましょう!

 

 

 

えっ「著名なジャーナリストは誰?」だって。

 

 

編集長ミツに決まってるでしょうがーーー!

 

と、ダニーロJr.も叫んでおります。

 


 

ヨーロッパ各国の移籍市場が閉まる「詳細な時間」に関しては、この記事(↓)を読んでもらえれば分かりますよー。