【ユベントス初のアジア人プレーヤー誕生なるか!?】2019年9月1日のユベントス ニュース

2019年9月1日のユベントス ニュース

[Romeo Agresti]ユベントスはカリアリに所属する北朝鮮プレーヤー「ハン・グアンソン(Han Kwang-Song)」獲得に近づいている。昨シーズンはローンでセリエBのペルージャに加入し、39試合に出場して11ゴールを記録した。

 

ハン・グアンソンに関しては昨シーズンも同じような噂があったから、ユベントスが目を付けているのは間違い無いだろう。これまでのセリエAの歴史の中で中田、長友らがセリエの各チームで名を馳せた中で、ユーべには日本人はおろかアジア人選手がひとりも在籍していないのは少し寂しいではないか。残念ながら日本人選手ではないものの、ハン・グアンソンがユーべに加入したならば‘’ユベントス初のアジア人選手‘’として存在感を示して欲しいし、まずは何と言っても加入を決めて欲しい。そしてハイライト動画を見たらゴリゴリのストライカータイプだった。たぶん、動きはイグアインより5000倍くらいキレがあるだろう。

 

 

キレの無さを愛らしさでカバーするタイプのストライカーですね。

 

 

そんなタイプあるかいっ!

 


 

[SKY]ダニエレ・ルガーニはユベントスに残り、そしてチャンピオンズリーグの登録メンバーに名を連ねる事になるだろう。

 

[Official]フィオレンティーナが元ユベントスのカセレス獲得を発表。

 

[SKY]サッリはナポリ戦に姿を見せ、少なくともコーチ陣に直接指示を出すだろう。しかし、メディカルスタッフはリスクを負いたくないと考えており、第3節フィオレンティーナ戦での現場復帰を提言している。

 

[DiMarzio]イカルディは引き続きユベントスからのオファーを待っているが、ビアンコネロからは正式なオファーは何ひとつ届いていない。唯一あるのはアトレティコとPSGからのローンでの獲得の話だけである。

 

[Football Italia]マンチェスター・ユナイテッドのダルミアンがパルマに到着した。

 

[ファン・デル・サール]‘’いまチャンピオンズ・リーグの抽選会でロナウドと時間を共にしたが、彼は本当に気持ちの良い男だね。そして『デ・リフトの事は自分が面倒を見るから心配しないでくれ。彼は間違いなくユベントスで成功する』とも言ってくれたよ。‘’

 

[Official]欧州選手権予選に臨むイタリア代表メンバーが発表され、ユベントスからはボヌッチ、デ・シリオ、ベルナルデスキが招集された(キエッリーニは辞退)。そしてカリアリにローン移籍したルカ・ペッレグリーニも名を連ねている。

 

[Calciomelcato.com]サッリの好みに関わらず、ディバラはユベントスに残るだろう。ネイマールの去就はハッキリとしていないが、例えネイマールが移籍したとしても、PSGが向かう先はディバラではなくウスマン・デンベレ(バルセロナ)になると考えられている。

 

 

[Gazzetta]エムレ・ジャンはサッリのプランに含まれておらず、ドイツ代表ミッドフィルダーにはバルセロナとPSGが興味を示している。

 

[アンチェロッティ] ‘’誰もがジョレンテの特性を分かっていて、そしてチームにとって大きな武器になる事は明らかだ。ナポリに加わるかは分からないが、もしそうなれば我々はハッピーだろう。‘’

 

 

まとめ

・移籍期限までの時間は残り2日となり、他のチームからも選手獲得のニュースが流れてきている。しかしユーべは依然として‘’停滞感‘’が漂い、このままだと26人も27人も抱えたまま戦う事になるが、さてそれで良いものか。レギュラークラスが多い事に越したことはないが、しかしカルチョには11のポジションしか存在せず、そして交代枠は3つしかない。このままでは必ず出場機会が与えられずに不満を口にする選手が出て来るし、それこそ「イグアインごときに負けるなんて、悔しくて悔しくて夜も8時間くらいしか眠れない」ファンも出てくるかもしれない。裏では大副会長なりパラ男が動きまくっているんだろうが、この大ピンチをどうやってやり切るのかにも注目だ。それこそファンが寝ている間、フロント陣は日本から遠く離れたイタリアで東奔西走してツライ思いをしているに違いない。そして編集長は毎晩朝3時から4時になると目が覚める。年齢から来るものなのだろうが、これはこれでなかなかツライものである。

 

 

ヘンシュッチョー、どんマイケル!

スポンサーリンク