【ダニーロの背番号は‘’あの選手‘’も付けていた13番に!】最近のユベントスまとめ(2019年8月10日号)

最近のユベントスまとめ(2019年8月10日号)

[現地より]ユベントスに新しく加わったダニーロの背番号は「13」に決まった。

 

いやー、みんな気にしてないっしょ?デ・リフト獲得の時には「4番を付けて欲しい」なんて意見をちらほら見たけど、ダニーロに関しては背番号の「せ」の字も出て来ないもんね。いや、下手をしたらダニーロの「だ」の字も出て来ない。うん、分かる。だって顔が超絶地味だし更に老けてるし、まぁ端的に言えば「誰も注目していない」。でも、だからこその背番号紹介なのよ。13番と言えば、何と言ってもあの選手ですよね。「Mr.クロスチョップ」であり「クロスチョッパー」であり「モンテーロと同居していた変わり者」でもあるマルク・ユリアーノ。あの男が背負った13番をダニーロが付ける。これは月ユベ的には盛り上がらない訳にはいかない。いや、むしろ「盛り上がっているのは月ユベだけ」と言う噂もあるけど、何にしても栄光の13番を背負うダニーロに期待する。アトレティコ戦でまずは一発お見舞いしてユベンティーニのハートをグッと掴んでやって欲しい。

 

「スクデットを決めた」と言っても過言ではない絶妙な一発ですね。

 


 

[Tutto Juve]マリオ・マンジュキッチの未来は今週中にも決まるだろう。古巣であるバイエルン、ドルトムントが獲得レースに参戦しており、ユベントスは1200万~1500万ユーロでの取引を望んでいる。

[NicoSchira]ボルシア・ドルトムントはマンジュキッチに視線を戻した。

[SKY]ユベントスはマンジュキッチに関して、バイエルンと優先的に話を進めている。条件は買取オプション付きのローン移籍になるだろう。

[Bild]当初、ニコ・コバチ監督は幹部に対してマンジュキッチの獲得を進言して断られた。しかし、いま再度検討に入っている。

 

[‘’ペップ‘’・グアルディオラ]‘’カンセロは経験があり、ユベントスの多くのものを学び、そして勝者のメンタリティを身につけた。‘’

 

[Calciomercato.com]イグアインの代理人はローマと会談の場を持った。

 

[SportItalia]アーセナル移籍が破談となったルガーニの元に、ローマからオファーが届いている。ユベントスは買取義務オプション付きでローン移籍させる方向で進めている。

 

[マルセロ]‘’これまでユベントス移籍の話が出てきたけど、そんな事は一度も考えた事はないよ。それは全くの噂に過ぎなく、ボクはレアル・マドリーを愛しているし、世界最高のクラブだと信じているんだ。‘’

 

[SKY]ユベントスはディバラを売却しない事を決めた。しかし、イグアインかマンジュキッチのどちらかはチームを去る事になるだろう。

[SportMediaset]パウロ・ディバラは引き続き移籍市場に名を連ね、適正なオファーが届けば再度放出が検討されるだろう。しかし、選手はユベントスでのプレーを切望し、そしてサッリとの会談の時を待っている。

[SKY]ユベントスはディバラの代えとなる選手の獲得が難しいと見て、選手を今シーズンもチームでプレーさせる事を決めた。新たに契約更新の準備も進める事になるだろう。

[SportMediaset]アニェッリはディバラをインテルに移籍させる事を望んでいない。

[NicoSchira]バイエルン・ミュンヘンがディバラに興味を示しているが、選手本人に移籍の意思はない。

[SKY]パラティッチはディバラを国外のチームに売却できなかった場合、インテルとイカルディとの交換トレードに踏み切る。

[Gazzetta]PSGはディバラに「5年/年俸1200万ユーロ」を提示する準備を進めている。ユベントスは例え交渉にイカルディが組み込まれたとしても、インテルではなくPSGに売却したいと考えている。

[Gazzetta]PSGはディバラ獲得に向けて5年/1200万ユーロの条件を用意している。レオナルドは継続的にディバラの代理人にコンタクトを取っている。

 

 

[Calciomercato.com]ルカ・ペッレグリーニに対しては、カリアリに加えてアタランタとウディネーゼが興味を示している。

 

[Tutto Juve]サッリはアトレティコ戦において、前線3枚はロナウド、ベルナルデスキ、そしてイグアインかマンジュキッチのどちらかを起用する見込みだ。

 

 

 

まとめ

・布袋は結局ブンデスリーガかなぁ。結構前から興味を示しているのはドルトムントだけど、古巣って事でバイエルンも可能性あり。ただ、いずれにしても「放出は決定的」なのは間違いないか。何にしても布袋にとって最良のチームが見つかって欲しいし、単に‘’ベテラン‘’として重宝されるのではなく、得点力と魂を必要とされるチームでベイビーして欲しい。ちなみにドイツ語で「赤ん坊」って何ていうのか調べてみた所、ドイツ語でも『Baby』でした。だから何だって言うんでしょうね。・そしてユナイテッド移籍が破談となったキュンの元にはPSGの陰がちらほらと。「噂が噂を読んで、更にその噂でキュンガールズが呼ばれて」って感じになってるんだけど、取り合えず「ユベントスがディバラを放出候補に挙げている」と言う事は間違いないのだろうか。とにかく我々としては待つしかないが、先ずはディバラには明日のアトレティコ戦で活躍する姿を見せて、キュンガールズをキュンキュンさせ、ひいてはダダ濡んにさせて欲しい。見たい、ディバラのゴールを!見たい、ディバラマスクを!見たい、「わたし、ディバラ・キュンのゴールを見て濡れちゃった…」と言う呟きを!

 

 

呟くかっ!

 

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(2019-20 選手名鑑/簡易版