【エバートンに移籍したキーンの背番号は栄光の27!】最近のユベントスまとめ(2019年8月6日号)

最近のユベントスまとめ(2019年8月6日号)

[現地より]プレミアリーグのエバートンはモイズ・キーンを完全移籍で獲得した事を発表した。この移籍により、ユベントスは移籍金2750万ユーロ(+250万ユーロのボーナス)を手にする事になる。

 

兼ねてから噂に挙がっていたモイズ・キーンのエバートン移籍が発表され、「買戻しオプションが付くのではないか」と言われていた契約内容は、オプション関係が付く事はなく完全移籍となりました。昨シーズン中盤から出場機会を増やすと、短い出場時間ながらチームにとって重要なゴールを量産し、国内リーグでは13試合で6ゴールを挙げたキーン。この活躍が認められエバートンを始めとする他のチームから注目される事になったのですが、正直なところ「ひと昔前ならアモルーゾやビエリのようにチームに残して育てる事もできたのかな」と言う思いもあります。まぁ、しゃーない。

年齢もまだ19歳と伸び代しかなく、新たに背負う背番号はユベントスでもレジェンド達が背負った『27』になると聞いています。グディソン・パークでも、ユベントスで見せたようなスピードとテクニックに加え、27番を背負う以上は無駄にクルクル回るなどして地元のファンを魅了して欲しいと思います。

 

 

Forza キーン!

 

Have a pride of Number 27!

 


 

[Sky Sports UK]ディバラとルカクの交換トレードの話は過去の話となった。ディバラは最後までマンチェスター・ユナイテッド移籍に承諾をしなかった。

[RAI]パラティッチはマンチェスター・ユナイテッドとディバラとルカクの交換トレードに関して合意に達していたが、‘’ユベントスの宝石‘’は首を縦に振らなかった。

[Di Marzio]ディバラとルカクの交換トレードは困難な状況に陥っている。

[SKY]マンチェスター・ユナイテッドはディバラ獲得レースから撤退した。

[BBC]マンチェスター・ユナイテッドはディバラ獲得に向けて動いていたが、失敗に終わった。その理由はサラリーによるところが大きい。

[Fabrizio Romano]ディバラの代理人はまだマンチェスター・ユナイテッドから正式な連絡を受けておらず、状況を整理している状態である。ウッドワードがまだディバラを追い続けるのであれば、条件を改善しなくてはならない。

[Romeo Agresti]ディバラはまだマーケットに出ている。

 

[Football Italia]ユベントスがルカクを獲得する手段として残る手立ては、マンジュキッチとマテュイディを織り交ぜた複数トレードとなるだろう。

[SKY]ユベントスはまだルカクを諦めていない。その為には複数の選手の名前が挙がることだろう。

 

[Romeo Agresti]ユベントスとマンチェスター・シティ間での交渉は終了に向かっている。ユベントスはカンセロを差し出す代わりに、3000万ユーロ+ダニーロを手にする事になる。

[Romano]カンセロのマンチェスター・シティ移籍は合意に達した。ユベントスは3000万ユーロ+ダニーロの条件を受け入れた。残るは書類上の手続きだけとなり、明日正式発表となるだろう。

[Nicolo Shira]マンチェスター・シティはカンセロに対して、5年契約/年俸450万ユーロ+ボーナスの条件を提示して受け入れられた。

 

[SportItalia]マンジュキッチはマンチェスター・ユナイテッド移籍に『イエス』と答えた。ユナイテッドは獲得の為に1500万から2000万ユーロを用意している。

[Fabrizio Romano]ディバラとルカクの交渉が破談となった場合、ユベントスはマンジュキッチの名前を挙げる事になるが、それは非常に困難な交渉になるだろう。

[SKY]マンジュキッチかルカク獲得の為の交渉に名前が挙がる事はないだろう。

 

[SKY]パラティッチはロンドンに残り、カンセロの移籍の話を終わらせてからトリノに戻る事になる。

 

[ロナウド]‘’ボクのゴールパフォーマンスは自然と生まれたんだ。アメリカでチェルシーと対戦した時、ジャンプして『Siuuu』と叫び、それ以降ファンがそれを口にしてくれるようになったんだよ。‘’

 

[SKY]インテルはルカクに対して新たなオファーを準備している。

 

[Official]ダニー・モタのユベントス加入を発表。

 

 

[現地より]Jメディカルに到着したディバラとサンドロを100人を超えるファンが出迎えた。

 

[La Stampa]ネイマールを失う可能性のあるPSGが、ディバラに接触するかもしれない。

 

[Tutto Sport]昨日、パラティッチはロンドンに1人で過ごした訳ではない。そこにはネドベドとライオラの姿があった。ユベントスはまだポグバを諦めていない。

 

 

まとめ

・「ディバラとルカクのトレード話が破談となってディバラララー♪」な所を大変恐縮ではございますが、これでキュンのユベントス残留が決まった訳ではございませんので、決して油断はせぬようにお気を付けなまし。って優香、ここで『PSG』って言うのも何気に怖いんだけどね。・慎吾ちゃんに代わってダニーロが加入しそうな感じだけど、ダニーロって何ともテッテレーな感じがして、月ユベ的にも期待大なのよね。そして早速愛称も考えていて、「老け顔にフォーカスするか」「名前にフォーカスするか」「それとも違う角度にスポットライトを浴びせるか」で悩んでおる。ただ、いずれにしても月ユベの力になってくれる事は間違いない。チームの力になってくれるかは知らんけど。・あのー、いまだにポルバの名前が出てくるってどう言う事なんでしょう。飽和状態の中盤獲るより、センターフォワード獲っておかないとマジでテッテレーする気がしてたまらないのですが…。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版