【必ずこの試合を見てやる!】2019-20 フレンドリーマッチ K-リーグ選抜戦 プレビュー

2019-20 フレンドリーマッチ K-リーグ選抜戦 プレビュー

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(2019-20 選手名鑑/簡易版

 

この試合に関しては前日会見とか無さそうなので、スパーズ戦とインテル戦の振り返りも交えながら、メンバー構成などを考えてみたいと思います。

 

 

 

まずゴールキーパーですが、この2試合はコブちゃんと松野さんが前半後半できれいに交代。コブちゃんは引き続き安定感ありますし、演歌歌手になって帰って来た松野さんはインテル戦でPK3本ストップして健在ぶりをアピール。そして時折姿を見せるピンちゃんからは、いまから「最終節で失点してやる」って言う気概を感じます。いずれにしてもキーパーに関しては全く不安のないポジションと言えるでしょうし、明日もコブちゃんと松野さんで半分ずっこですかね。

 

 

 

センターバックは出場時間の違いはあるものの、ポヌッチ、デ・リフト、アゴーニ、あばらる君の4人がどこかで出場している状態。イメージとしてはポヌッチを軸にして、誰を相棒にするかを見極めている感じでしょうか。ロボ次第のところもありますが、デ・リフトがその一番手であるのは間違いないものの、セリエAでの経験を考えると序盤はあばらる君を選ぶ可能性もあり。某選手を思い出させる坊主頭にハードなプレースタイルで、ファンの心を掴んでいるようですね。

サイドバックは現時点ではやはり今シーズンのウィークポイントとなっており、右の慎吾と左のユッティは2試合フル出場。帯同していないメンバーもあり代わりがいないのは確かなんですが、ここに加わるのはドンキーと残留すればペッレグリーニですから、ちょっとインパクトに欠けますね。まぁ、何よりもユッティごときに頼っているのが悔しくてなりませんが。

 

 

 

中盤はアゴイチがセンター固定で、その両サイドを他の選手が出たり入ったり。松っちゃんのコンディションに若干の不安はあるものの、逆に新加入のラビ彦が『らしさ』を見せてくれます。加入まではラビ代の存在感がハンパ無かったので、それを払拭する活躍に期待。今日の試合もこの3人にナスJとアルファベット系の選手なんかが途中出場を踏まえながら登場する事になるでしょう。

 

 

 

最後に前線ではセンターフォワードに注目。候補の1人に挙げられるキュンが南米選手権に参加した事により、まだ彼女といちゃついているので、布袋とポルちゃんがこのチャンスを掴む事が出来るかどうか。今のところスパーズ戦のスタメンは布袋、インテル戦がポルちゃんとなり、それぞれハーフタイムで交代。得点数もそうですが、全体的な出来映えで言えばポルちゃんリードでしょうか。まぁ、そう言いながらも今日の明日に荷物まとめてローマへGo!されてしまう可能性もありますが。 Kリーグ選抜戦でも両サイドにはロナ王と五郎スキーが入り、試合終盤にまなぶとかが入る感じでしょうか。知らんけど。

 

 

 

この試合は『親善試合』となりますが、それでもシーズン開幕に向けて非常に重要な一戦となります。その中でも当落線上の選手に関しては、某坊主選手のように気持ちを前面に出して、あばらる姿を見せて欲しい所です!

 

とは言いながら、この試合はダズーンで放映ないんだよね。モチのロン、スカパーでも無いし。。。

 

 

でも俺は見る!気合と根性で見る!心の目で見る!

 

元気があればなんでも出来る!

 

 

1

 

2

 

3

 

 

ダーーー!