【マルキーニョスの交渉にドウグラス・コスタを?】最近のユベントスまとめ(2019年6月19日号)

最近のユベントスまとめ(2019年6月19日号)

[SportItalia]ユベントスとサッリはPSGのマルキーニョスに強い関心を寄せている。選手はPSGで年俸1000万ユーロを手にしている。

[Corriere]ユベントスはマルキーニョスをメインターゲットの1人に定め、交渉の一部にドウグラス・コスタを織り交ぜる事を考えている。

 

昨日から今日にかけてクリバリ、そしてマルキーニョスの名前が上がるとは何とも豪華なラインナップ。デ・リフトもまだ諦めちゃいないようだけど、相手がスペインの白い読売ジャイアンツとなれば早々に退散する事をオススメするよ。金がべらぼうに掛かるのは承知の上で、こうなったらクリバリとマルキーニョスのダブルで獲っちゃって、来シーズンのセンターバックはキエッリーニ、クリバリ、マルキーニョスで回そうじゃないか。あとはそこにデミラル入れて、彼の成長も促せればそりゃ最高だ。うん、それで行こう。えっ、ボヌッチ?うちにそんな子はおりません。

 


 

[Nerozzi]メディア向けのサッリ新監督発表会は木曜日に行われるだろう。

[Gianni Balzarini]サッリのユベントス監督としての初めての記者会見は、水曜日に開かれる。

[Gazzetta]サッリ監督となり初のトレーニングは、7月10日のコンティナッサから始まる。

 

[Romeo Agresti]マンチェスター・シティとユベントス間で、カンセロに関する交渉は続いており、5000万ユーロを超える移籍金がポイントとなるだろう。ユベントスはカンセロに代わる右サイドバックの候補に、トリッピアーを挙げている。

 

[ SKY]ポグバはパラティッチの夢であり、レアル・マドリーと獲得を争う構えである。

[SKY]ユベントスはポグバの獲得に多くの資金を費やす事を決めた。彼がこの夏のメインターゲットとなる。

[Di Marzio]マンチェスター・ユナイテッドはポグバ残留に全力を尽くし、そして設定される1億5000万ユーロの移籍金は、ユベントスにとってあまりにも高いハードルとなる。

[SportItalia]ユベントスはポグバ獲得に向けてふたつの大きな障害を乗り越えなくてはならない。ひとつは1億6000万ユーロとも言われる移籍金で、もうひとつは要求されるであろう高額な年俸である。

 

[NicoSchira]ユベントスとトリノは、アタランタに所属するスウェーデン人選手Dejan Kulusevski(19)に興味を持っている。

 

[CorSport]2018年10月13日、サッリは『インシーニェに続くイタリアを牽引する選手はベルナルデスキとキエーザになるだろう』とコメントしており、今その2選手を指導しようとしている。

 

[SKY]ユベントスとキエーザは個人合意に達しているが、フィオレンティーナが首を縦に振らない。

 

[Tuttosport]ネドベドとパラティッチは話し合いの上、PSGとのデ・リフト獲得レースに戻る事を決めた。

 

[MARCA]ユベントスを始め多くのビッグクラブが視線を送るジョアン・フェリックスの未来はアトレティコ・マドリーに決まった。移籍金は1億2000万ユーロになる。

 

[SportItalia]ベナティアはユベントス復帰に向けて自身からチームへ売り込みを掛けたが、ユベントスはそれを良しとは考えていない。

 

[SportItalia]サッリはイカルディこそが世界ナンバーワンのストライカーだと認めており、年間40ゴールは挙げるであろうと考えている。

 

[Chiringuito]ユベントスとラビオは合意に達しており、正式発表は7月に入ってからになる。契約は5年間/年俸700万ユーロになり、そして代理人である母親には1000万ユーロの報酬が支払われる。

 

[CorSport]サッリユベントスにおけるスターティングラインナップはこうなるだろう。

 

 

まとめ

・サッリ新監督のお披露目は今週半ばか。なんにしても注目されるのはその服装。スーツなのかジャージなのか甚平なのか。会見時間が午後になるなら、居酒屋で飲んだ足で会見会場に来るだろうからそりゃ夏場は甚平だろ。・どこもかしこもポグバポグバポグバ。どいつもこいつもポグバポグバポグバ。ネドヴェドもパラティッチもポグバポグバポグバ。プレイメーカーのアゴイチがいて、ダイナモの松っちゃんがいて、攻撃にアクセントを与えるラムジーがいて、顔が面白いナス大がいて、顔が面長いナス大がいて、顔が面ナスのナス大がいて(大事な人なので3度名前を挙げました)、超絶高い金払ってまでポグバ行く必要ないだろ。・少し前に『ユーベがベナティアをリストアップ』て話が挙がってたけど、実際のところはエナティア側からユーベに売り込みかけたのか?サポーターにはウェルカムの人も多いみたいだけど、編集長的には『アヤックス戦にあんたがいてくれたら』て思いが拭えず、素直にウェルカムとは言えないよ。・イカルディは確かに力のある選手ではあり、アゴイチやロナ王のアシストがあれば年間40ゴールも夢ではない。でもその代わりと言っちゃーなんですが、ヨメルディのアシストで年間40問題勃発も現実的な数字ですよ、奥さん。・最後にCorSportが新生ユベントスのスタメン予想を挙げているけど、どこをどう見たって取らぬ狸のイグアインはどこ行った。どっちのフォーメーションも魅力的ではあるものの、どっちのフォーメーションでもセンターバックはロボとキエの名前が。CorSportよ、お前ら昨シーズンのユベントスの試合を見とらんだろ。どこを補強すべきか分かっとらんだろ。ユッティのセンターバック起用で痛い目に遭った事を知らんだろ。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)