カセレスが自身のSNSでユーベ退団を発表

カセレスが自身のSNSでユーベ退団を発表

カセレスが本人のSNSを通じてファンに別れの言葉を届けました。

ユベントスの全てのファンの方へ。

息子のレオンはトリノで生まれ、今ではユベンティーノになり、娘のマルティナの人生の全てはトリノにあります。

イタリアを、そしてユベントスで過ごした時間を忘れる事はないでしょう。

Ciao!

 

今シーズンの冬のマーケットにおいて、ベナティアがアッレグリの起用方法に不満を募らせてカタールへ移籍。それを受けて急遽ユベントスが白羽の矢を立てた訳ですが、そのわずか48時間前にはJリーグのヴィッセル神戸と3年/年俸300万ユーロで契約がほぼまとまっていたとも言われており、そしてヴィッセル神戸ではなくユベントスを選んだ事に関しては、『チームへの愛情だった』と現地では報じられております。

 

 

2009-2010、2012-16に続き3度目の帰還となった今シーズンは、怪我にも泣かさ大きなインパクトを残す事は出来ませんでしたが、それでもチームのピンチを救ってくれたユベントスへの愛情と、相も変わらぬバタバタ感満載のディフェンスを我々ユベンティーノは忘れません!

カセレスが次に向かう先はまだ発表されていませんが、彼の将来が幸せに包まれる事を祈っております。

 

 

Thank you Martin!

 

 

また戻って来いよ!