【右サイドバックのファーストチョイスはデ・シリオ!】最近のユベントスまとめ(2019年6月17日号)

最近のユベントスまとめ

[Tuttosport]サッリの到着を待ってデ・シリオの残留確率は100%となる。彼はユベントスのメンタリティと戦術面での柔軟性を持ち合わせる。新生ユベントスの重要なパートを担う事になるだろう。

 

いやー、分かってらっしゃる!ただの北区赤羽でベロンベロンになってるおじさんだと思ったら、見る目あーるじゃないですか!デ・シリオはやれば出来る子なの。能力はあるの。単に表情に出ない子なの。シャイだからゆとり風に見せているだけなの。でも、これで「カンセロ放出」が既定路線になっている事も合点が行きました。来シーズンは‘’右サイドバックのレギュラーはデ・シリオ‘’なんですよね。期待しちゃっていいんですよね!背番号2の(ダサい)ユニフォーム買っちゃっていいんですよね!!!

 

※今回の記事はサッリ新監督就任発表前に書いたので、そちらを承知の上でお読み下さい。


 

[Official]マウリツィオ・サッリがユベントスの新監督に就任。契約は2022年6月までの3年契約。

 

[SKY]フィオレンティーナ新会長のコミッソはキエーザを残留させようと考えているが、キエーザ本人はユベントスへの移籍を望んでいる。ユベントスとキエーザは5年間/年俸1000万ユーロで個人合意には達している。

 

[Fabrizio Romano]イカルディがユベントス攻撃陣再構築のキーパーソンである事は間違いないが、チームはサッリに対して‘’センターバック‘’と‘’中盤‘’の強化を最優先に行うと約束している。

[ItaSportPress]ユベントスにイカルディの取引に関する3つの提案がインテルから届いた。ひとつは7000万ユーロでの売却。ふたつ目はこれまでも噂に挙がっているように「ディバラ+金銭」での取引き。みっつ目は交渉にクアドラードを含める事である。

 

[La Repubblica]イカルディは法的措置によりインテルを離れる手段も考えている。選手と代理人であるワンダ・ナラは、「インテルによるモラルハラスメント」をアピールするだろう。

 

[Fabrizio Romano]カンセロはサッリの構想に入っておらず、例え残留したとしても新監督のスタイルに合わせる事に苦労を強いられる事だろう。パラティッチはマンチェスター・シティへの売却を進めている。

 

[NicoSchira]ユベントスはポール・ポグバを取り戻す事に本気で取り組んでおり、ネドヴェドはライオラに対して交渉を続けている。ユナイテッドはポグバを残留させたいと考えており、移籍金は1億5000万ユーロに設定する。

 

[Gazzetta/Tutto]ネドヴェドはモンテカルロに飛び、ライオラと会談の場を持つ。目的はポグバとデ・リフトの獲得に関してだが、ポグバに関してはユナイテッドが1億5000万ユーロを要求し、デ・リフトは8000万ユーロの移籍金でPSG到着間近となっており、共に困難な交渉になると予想される。

 

[Radio CRC]ナポリとレアル・マドリーはハメス・ロドリゲスを1シーズンのレンタル移籍/1000万ユーロで話を進めているが、スペインの白い巨人はそこに4000万ユーロの買取オプションを要求している。

 

[La Stampa]PSGのスポーツ・ディフェクターに復帰したレオナルドは、ミランのドンナルンマとラツィオのミリンコビッチ=サビッチの獲得を目指している。ドンナルンマはマンチェスタ・ユナイテッドと、そしてミリンコビッチ=サビッチはユベントスと獲得レースを繰り広げる事になるだろう。

 

[A Bola]ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、シティ、トッテナム、ミランと言ったヨーロッパの強豪が視線を送る、スポルティングのブルーノ・フェルナンデスに関して、アトレティコ・マドリーが移籍金5000万ユーロ+ボーナスの条件を提示し、獲得に向けて一歩リードしたようだ。

 

[SKY]フロジノーネの新監督候補にはネスタとグロッソの名前が挙がっているが、ネスタ新監督誕生となるようだ。

 

[Mundo Deportivo]ラビオにPSG残留の意思はなく、獲得に向けてポールポジションに立っているのはユベントスである。選手はユベントスと話をした事を認めている。

 

[アッレグリ](サッリに対して)‘’私がアドバイス出来る事は何もありません。来シーズンのセリエAもエキサイティングなものになる事でしょう。

 

[ベルナルデスキ](新ユニフォームに関して)‘’最初に目にした時は驚いたけど、『驚き』と言うのは常にポジティブに発展するものだよ。すでに見慣れてきたし、そして好きになってきたんだ。この新ユニフォームを着て来シーズンプレー出来る事が楽しみで仕方ないよ。

 

[現地より]イグアインが公式インスタグラムを閉鎖した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Buenas tardes a tod@s. Quiero comunicar que a partir de hoy esta no es mas mi cuenta oficial de instagram. Muchas gracias y que tengan buen dia.

Higuainさん(@ghiguain20_9)がシェアした投稿 –

みなさんこんにちは。私の公式インスタグラムは今回を最終更新とする事にしました。これまでみなさんと素晴らしい時間を共有できた事に感謝の意を表します。ありがとう!

 

 

まとめ

・サッリ監督就任に関しては別記事を書いてるんで、そちらをチェキラよろしく。・キエーザとユベントスは個人合意に達したって言ったって、実際に選手の権利を持っているのはフィオレンティーナなんだから、そこに対した意味がないのは明らか。って優香、キエーザの年俸1000万ユーロってバカ高くないかい?そこに移籍金も掛かるだろうに。今シーズンのロナウド獲得からちょっと感覚が狂って来てるぞ。‘’質実剛健‘’がユベントス。シャビ・アロンソが来ると見せかけて実際に来たのはポウルセンだった時代を思い出せ。・イカルディ&ヨメルディは行き場が無いからってユベントス狙い撃ちにするのは止めてくれ。それこそあんた達みたいな‘’質実剛健の真逆‘’を絵に描いた人たちを抱えるほど、ユベントスの器は大きくないのよ。編集長的にはイカルディ1本ならアリっちゃーアリだけど、あんたらコンビ解消できないでしょ。・ネドヴェド大副会長のお気持ちも分からなくはございませんが、そろそろポグバックの想いからネドバックして下さいまし。そもそもラムジーが加入した中盤に1億ユーロを超す金額を掛ける必要もなかろうにでしょうに。来シーズンは加入2年目を迎えて艶が増したナスJが不安の全てを払拭してくれるからだいじょうⅤ!・ラビオのこの流れはあるな。ある、きっとある(貞子風に)。なんと言ってもユーべの大好物であるFTB(フリ・トランスファ・ブランド)だしね。そしてユーべには少ない左利きだしスキルフルだし顔もイケメンだし。面倒くさそうなババアを除けば、断然ウェルカム。・最後にポルちゃんがインスタ閉鎖したみたいだけど、誰も気にしてないみたいなんでユベントス日本語公式風サイトとしてご紹介しておきました。あえてね。

 


 

<お知らせ(再掲載)>

2019年6月28日(金)に、ユベンティーニでお馴染みのアンジェロのお店『バッボアンジェロ(東京自由が丘)』で行われるユベントス・スクデット祝賀会に参加させて頂く事になりました。時間は夕方開宴で遅刻早退は自由、会費は5000円となります。月ユベ毒者の方からの参加表明もすでに頂いておりますので、ご参加いただける方は下記よりご連絡下さい♪(※月刊ユベントス主催の会合ではありません)