【ミリンコビッチ=サビッチの噂が現実味を帯びてきた】最近のユベントスまとめ(2019年6月5日号)

最近のユベントスまとめ(2019年6月5日号)

[Gazzetta]サッリとの契約がまとまり次第、パラティッチは選手獲得に動き出し、ミリンコビッチ=サビッチが今シーズン最大のターゲットとなるだろう。

[Il Messaggero]ユベントスはマンチェスター・ユナイテッド、ミランとのレースに勝ち、ミリンコビッチ=サビッチを迎え入れるだろう。選手はチャンピオンズ・リーグでのプレーを希望している。

 

今シーズン開幕前ほどでは無いけれど、ミリンコビッチ=サビッチ獲得の噂がチラホラと。って優香、むしろこうやって穏やかな流れの方が「ユーべ実は水面下で動いてるんじゃね?」って思ってしまうのは、ユベンティーニの性(さが)なのか。個人的にはユーべにいない大型タイプなので大歓迎。なんかちょっと暴れん坊の感じもするし、ネタにも困らないかな、と。そう言えばラツィオで背負ってる番号は21。ピンちゃん、またも背番号変更の憂き目にあうのか…。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)


 

[SKY]マンジュキッチと、レンタルから戻ってくるイグアインは共にチームを離れるだろう。カンセロにも幾つかのオファーが届き、同じくチームを去る可能性がある。

 

[SKY]サッリが新監督に就けば、ピャニッチはチームに残る事になる。

 

[SKY]ユベントスはポグバの帰還を諦めておらず、それは決して不可能な事ではない。ミリンコビッチ=サビッチもターゲットとなるが、ラツィオが要求する8000万ユーロに対してユベントス側は6000万ユーロの価値をつけており、困難な交渉になると予想される。

 

[トリッピアー]‘’私はイングランドに残りたいと感じているが、今後何が起こるか私にも分からない。トッテナムで満足しているし、まずはシーズンオフに家族との時間を大切にする。そしてプレシーズンマッチで戻ったタイミングで、チームと今後について話す事になるだろう。‘’

 

[Sportitalia]ユベントスはペリンが移籍した場合、ミランのぺぺ・レイナを候補に挙げる。

 

[Sportitalia]ユベントスはアラベスに所属する左サイドバック、ハビ・ロペス(17)の獲得に動いている。

 

[La Stampa]デミラルかロメロのどちらかが来シーズンはユベントスの一員となり、ミランからレイナかロマニョーリを連れてくるだろう。そして更なる選手獲得にも動いており、それはポグバやミリンコビッチ=サビッチのようなビッグネームになる。

 

[Tuttosport]ロナウドは攻撃的な戦術を好むサッリのもとでプレーする事を、楽しみにしているようだ。

 

[The Sun]マンチェスター・シティはカンセロ獲得に向けて、ユベントスに移籍金5000万ユーロを提示するようだ。そして、新監督候補に挙げられるサッリは、ディフェンシブなサイドバックを好む。

 

[Mirror]ユベントスがターゲットに挙げているベンフィカのジョアン・フェリックスに関して、引き続きマンチェスターの両チームとレアル・マドリーが視線を送り、スペインの白い巨人はケイラー・ナバスを交えた交渉を準備している。

 

[Di Marzio]サッリはユベントスとの契約合意しているが、チェルシーから契約解除を発表されない限り、次に進むことは出来ない。

[SKY]ユベントスとサッリは基本合意に達しており、あとはチェルシー側からサッリがチームを離れる事を発表するのみである。

 

[CalcioMercato.com]Twitterに#SarriOutのハッシュタグが誕生した。サッリを歓迎しないユベンティーニも多数いるようだが、5年前も同じようなシチュエーションがあった。しかし、その時に就任したユーべの監督は5年のうちに多くの成功を収めた。

 

[公式Instagram]リヒトシュタイナーがアーセナル退団を発表。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dear Gunners We were close to add an important chapter to this amazing club’s history. But to be close … is unfortunately not good enough. This is hard to accept. I’m very disappointed. It was our objective to bring Arsenal back on the highest international level and to win trophies. Both belong to this great club. I wish my teammates, my coach and his staff, all hard-working employees and all Gunner fans simply the best! I’m confident our team can complete our mission next season! I loved to be a part of this club. It was a great challenge and experience without a happy end, unfortunately. Thank you very much for your overwhelming support! It was much appreciated! See you Stephan #COYG #WeAreTheArsenal #YaGunnersYa #ThankYou

Stephan Lichtsteinerさん(@stephanlichtsteiner)がシェアした投稿 –

 

(日本語意訳)

親愛なるグーナーの皆さんへ

我々は偉大なるアーセナルにひとつの歴史を積み上げるチャンスを目前にして、それを逃してしまいました。とても悔しく受け入れられない現実です。我々の目的は、アーセネルが世界のトップレベルである事を証明し、そしてトロフィーを持ち帰る事でした。しかしそれは叶いませんでした。

チームメイト、監督、スタッフ、そしてファンの方たちは偉大であり、全てにおいて感謝の気持ちで溢れています。アーセナルは来シーズン、必ず目標を成し遂げるでしょう。

残念ながらハッピーエンドにはなりませんでしたが、ここで過ごした時間に感謝し、そしてアーセナルを愛しています。本当に感謝の言葉しかありません。有難う。

また会える日を楽しみにしています。

 

ステファン

 

 

まとめ

・昨シーズン開幕前に人気銘柄だったミリンコビッチ=サビッチの噂が一年の時を経て過熱。愛称は『本官さん』を用意して待ってるから。・布袋の移籍話が絶えないけど、新体制で臨む新シーズンこそユーべの魂を体現できる布袋の力は必要なんじゃないかと。・移籍の可能性があるプリンの後釜にはペペ・レイナの名前が。勝負強いし雄叫びあげるし禿げてるし、サイコーじゃない!もし、プリンが移籍するならデ・リフトより優先順位高くゲッツせよ!んな訳あるかいっ!・ミランのロマニョーリの名前も、細く長く出続けとりますな。今年24歳でそろそろ暴れたい盛りだと思うので、『ロ ロ マニョーリ来い CLの水は甘いぞ ELの水より甘いぞ』とお誘い掛けてみてもいいかもね。・そもそも#SarriOutって何ですのん。すでに月ユベンティーニは「北区で酔っぱらっていそうなオジサン」だの「シケモクって愛称どうですか」と言って歓迎ムード。いずれにしてもいま一番ユーべの監督に近いのはあのオヂさんなの。みんなで快く迎えようじゃあーりませんか。・エポックシャタイナーはアーセナルに別れを告げてどこへ行く。残念ながら今シーズンは目立った活躍は見せる事ができなかったけど、あなたのその気持ちのこもったプレーを必要としているチームが必ずあるはず。もう一度不死鳥のごとく羽ばたく姿を見せてくれ。

 

Forza Stefan!

 

スポンサーリンク