2018-19シーズン採点(GK・DF編)

2018-19シーズン採点(GK・DF編)

毎日毎日Newsばかりだと飽きちゃうんで、ここで一発「2018-19シーズンの採点」やるよ!まずは手始めにGKとDF陣から。

選手の愛称が分からない人もいると思うけど、選手の画像付きだからこれを機に覚えてねー。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)


 

コブタニー 3.5

松野さんが移籍した2018-19シーズン、背番号1だけではなくその‘’魂‘’も受け継ぎ、シーズンを通してユベントスのゴールマウスを守り続けた。来シーズン、もしサッリが監督に就任するならば、人目をはばからず喫煙出来る事から更なる活躍が期待される。

 

プリン 2.5

コブタンとの正ゴールキーパー争いが期待されたものの、蓋を開けてみれば怪我などもありわずか9試合のプッチンに終わる。ただ、そんな中でもシーズン後半戦には「グランドに転がっていたペットボトルを踏んづけて捻挫」と、イタリア代表としての意地を無駄に見せてくれた。

 

ピンちゃん 4.0

失点率こそ昨シーズンの「3.3」を上回る事は出来なかったものの、今シーズンも最終節のサンプドリア戦で順当に2失点を喫し、2年連続のクローサーとしてシーズンを締めた。加えて自身が出場していない試合でも(ほとんど出場していないんだけど)、仲間がゴールを決めた後にはいの一番に選手に駆け寄って喜ぶ姿が印象的だった。来シーズンも引き続きムードメーカーとしてチームを盛り上げて欲しいが、編集長的には「年齢詐称がバレて出場停止になるのではないか」が心配でならない。(自称29歳ですが、実際には49歳だと思います)。

 

ロボ 3.0

出場すれば超絶ロボだったものの、昨シーズンに続いてオイル漏れが多発。「たら」「れば」「ハゲ」の話になってしまうが、アヤックス戦にロボがいたら結果は変わっていたのではないかと言う思いも、いまだに頭を過ってしまう。年齢も今年35歳を迎えベテランからオッサンの域に達するが、しっかり身体と頭皮のメンテナンスを行い、シーズンを通じて戦えるコンディションを整えて欲しい。

 

ポヌッチ 3.5

1年間の家出を終えてシレっとユベントスに復帰すると、頑丈さだけが売りである事を証明すべく、ディフェンス陣ではシーズン最長出場を果たす。そして『編集長的2018-19 MVP』を超絶生意気にも獲得。つーか、これでユベンティーニ全員が許した訳じゃないからな。来シーズンも効果的なミドルパスを供給して勝利に貢献しろよ。

 

アゴーニ 2.5

今シーズン期待の若手選手に挙げられるも、まーーーーーったくそれに応える事が出来ず。一部のファンからは「彼女のオ●パ●を揉んでるから成長が止まっている」と無茶苦茶な指摘を受けていますが、まーーーーーったくを以ってその通りだと思いますので、反論の余地もございません。揉んでねぇでトレーニングしろや!

 

ダレデス 2.5

エナティアの移籍に伴い冬のマーケットで3度目の加入を果たすも、たぶん3分の1くらいは怪我で欠場してたし、しかも出場してもあまり良いところ見せられなかったので、新し目のファンからは「あなた、ダレデス?」になってしまったかもしれない。ただ、相も変らぬバタバタ・ディフェンスは懐かしかったわー。

 

熊さん 5.0

今シーズンは怪我の影響もありわずか10試合の出場に留まったが、もう『引退』って事で採点は大サービスの5.0!長い間ユベントスを支えてくれて、本当に有難うね!

 

慎吾 3.0

シーズン開幕直後はそのスピードとカリアゲっぷりでユベンティーニに衝撃を与えたが、シーズンが終盤に差し掛かる中で、超絶ディフェンスが軽いと言う事がばれて、「デ・シリオの方が安定感がある」と言う、孫の代まで笑われるであろう評価を下される事も。来シーズンは移籍の噂も出ているけど、残留したならば柳沢慎吾ばりの無線警察よろしくウーウーとサイレンを鳴らしてサイドを切り裂いてくれ。

 

ユッティ 3.0

攻めてダメ、守ってダメ、いつの間にか怪我しててダメ。右はそこそこ、左はダメ、センターバックは目が当てられないほどダメ。と、ダメな所が目立つ部分もありましたが、最終的には「面白かったので全てヨシ」だと思っています。それにしても、先日お会いしたミラニスタの方から「デ・シリオって感情が表情に出ないからファンも応援しきれないんですよね」って言葉を聞いた夜は、涙で枕を濡らしました(笑い過ぎて)。

 

ドンキー 3.0

「今シーズンも引き続き安定してねぇし、キャラ的にもオモロくないなぁ」って思っていたけど、シーズン終盤には『魅惑のハンドリング使い』として新境地を開拓。ほんと、アンチ・ユベントスの人に「やっぱりユーべは審判買収してるだろ!」って言わせる隙を与えちゃうんで、‘’エリア内 伸ばしたその腕 気を付けろ‘’を心がけて頂きたいと存じます。

 

妖精さん 3.5

昨シーズン負った怪我の影響で今シーズンは出遅れたものの、復帰すると躍動感あふれるプレーを披露してその実力を見せつけた。特にアトレティコ戦セカンドレグの活躍は凄かったわー。ぶっちゃけ、編集長的には「サンドロじゃなくてスピナッツォーラでいいんじゃね?」って思ってるんで、来シーズンは開幕から背中の羽根をパタパタ広げて飛び回って欲しい。

 

 

まとめ

最近はNewsの更新ばかりだけど、やっぱり月ユベの軸って「プレビュー」「レビュー」「採点」「特集」だから、こう言ったコーナーも楽しんでもらいたいな、と思っています。一部の方からは「愛称が分からない」と言う声が届いているものの、そこを譲ったら月ユベじゃないんで、相も変らぬスタンスでお届けしていますが、新シーズン開幕前までに毒者の方がひとつの愛称でも多く覚えてくれたら嬉しいです。

つーか、改めてこうやって振り返ってみると、守備陣でシーズン通して活躍したのってコブタンとポヌッチくらいだと分かります。やっぱり「頑丈さ」って大切なんだねー。