【こんな試合内容でも収穫はあった!】2018-19シーズン第35節 vs トリノ戦 レビュー

2018-19シーズン第35節 vs トリノ戦 レビュー

ユベントス 1-1 トリノ

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)


 

 

お前らぁぁぁあああ

 

やる気あるんかいぃぃぃいいい

 

勝つ気あるんかいぃぃぃいいい

 

パス繋ぐ気あるんかいぃぃぃいいい

 

 

 

こっちはなー、一昨日は幕張のアウトレット、昨日は酒々井のアウトレットまで娘達の買い物に付き合わされて、長距離運転&歩きに歩きまくったうえ、疲れた身体と老いた身体にムチ打って早朝観戦しとるんじゃい!

 

それなのに、なんであんな試合見せとんじゃい!

 

なんで開始2分も経たないうちにパスミス5回も6回もかましてるんじゃい!

 

なんであんな際どいスローインかましとるんじゃい!

 

 

つーか、なんで2日連続でアウトレット行っとんじゃい!

 

アウトレット着いた途端に『あとはパパは自由行動でいいから』て、完全にアッシーじゃないの。娘達よ、お父さんそれじゃ悲しいよ。。。

 

 

 

えぇ、そんなこんなで全く期待はしておりませんでしたが、期待通りの塩試合で引き分けに終わりました。

 

特に前半が超絶酷かったのですが、なんとか後半は持ち直して普通に酷かったくらいなのはせめてもの救いでしたね。

 

 

救われるかっ!

 

 

どっちにしろ酷かったわ!

 

 

 

攻めてダメ、守ってダメ、クアドラマンはミスばかりでダメ、五郎スキーはいるかいないか分からなくてダメ、ポヌッチは無駄にベロッティにドーンて行ってダメ、アラレはポストプレーが出来なくてダメ、慎吾はいつも通りダメ、とダメなところばかり目立つ試合でした。

まぁ、そんな中でも唯一良かった事と言えば、得点王を狙うロナ王がゴールを決めた事くらいですし、そんな中でも唯一の収穫と言えば、途中出場したペレイラの顔が辰吉丈一郎に似てると気付いた事くらいでしょうか。

 

右が「浪速のジョー」で左が「トリノのペョー」。似てるっちゃー似てると思います。

 

 

確かに怪我人も多く、ロヒシーも同点にした後の後半40分に、満を持して切り札ではないユッティを投入してお茶を濁すのが精一杯でしたが、それでも90分を通じてなんもない試合となりました。

 

もうね、ほんとそれだけでしたよ。

 

でも、今回のツアーの目的は「勝ち点を積み上げる事」じゃなくて「勝ち点を奪う事」だから、『トリノから勝ち点2ゲッツ!』って考えれば悪い結果じゃないかもしれないね!

 

そう考えないと、やってられないもんね!

 

 

じゃ、編集長も気を取り直して仕事に行ってくるから、その間にお題目掲示板に新しく立てた「トリノ戦、どーよ?」のスレッドにじゃんじゃかコメント寄せておいてねー。

 

ダチョウ倶楽部の「押すなよ 押すなよ」の振りじゃないから、本当にコメント書いてねー。