【公式風味なのでQ&Aにも答えます】2018-19シーズン第34節 vs インテル戦 採点

2018-19シーズン第34節 vs インテル戦 採点

ウィッシュ!(ⓒDAIGO)

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)


 

 コブタニー 3.5

95Runにとびっきりのゴールを決められたものの、それ以外に届いたサプライズピンチを全て防いだ事により引き分けに持ち込む事が出来た。あのゴールをコブタンの責任にするのは酷だと思うので、ここはひとつ『慎吾の責任』という事で手を打って頂きたいところ(失点には無関係ですが、皆さんなんとなく『やっぱり慎吾ね』的な感じで腑に落ちるのではないかと思いまして)。

 


よく見たらクリアしたのはポヌッチだったので、奴も共犯にしておきましょうかね。

 

 

慎吾 2.5

うん、また来シーズン頑張ろう。

 

ロボ 3.5

怪我からの復帰戦となったが、煮え切らない攻撃陣を見ると自らKDD(カクカク・ダンシング・ドリブル)で攻撃に無駄にアクセントを与える姿や、今シーズン初出場となったペレイラがピッチに立つとすぐさま容赦ない千本ノックパスを喰らわす姿を見て、改めて『やっぱりロボってハゲてるよなー』て思いました。

 

ポヌッチ 3.5

開始早々にインテリスタからブーイングを浴びていたのは、たぶん昨シーズンACミランに所属していたからだと推測していますが、ミランではわずか1シーズンしかプレーしていないのにブーイングなんかされて可哀想だなぁ、と思いませんでした。

 

ドンキー 3.0

後半開始早々に消えちゃったので、あまり良くわかりません。

 

クアドラマン 3.5

復帰してからこれだけ良いプレー見せられると、『アヤックス戦にクアドラマンがいたらなぁ』て所に考えがたどり着いてしまうのですが、最終的には『帰って来るのが遅かったクアドラマン』ていう事だと思います。

 

アゴ先輩 4.0

久し振りに完璧なアゴ先輩のプレーを見ました。

 

来シーズンも残ってくれるかな!?

 

 

いいともー!

 

 

 

ナスJ 4.0

Q:エムレ・ジャンのあの漲る(みなぎる)パワーはどこから出て来るのでしょうか?

 

A:キンタマです。

 

 

松っちゃん 3.5

一点を追う展開や、システム変更なんかもあって後半途中で交代となったけど、松っちゃんの献身的なディフェンスがなければインテルに間違いなく追加点を許していたと思います。でも『間違いなく』て言い切っちゃうとアレなんで、『間違いなく風に追加点を許していたと思います』に訂正させて下さい。

 

五郎スキー 2.5

北海道出身だから初夏になると調子落とすのかな?

 

ロナ王 3.5

前半はほとんど消えていたナウドなのに、あの劣勢の中でゴールを決めるあたりはさすが100億円の男ナウドだと思いました。

 

アラレ 3.0

流れの中ではほとんど見せ場がなかったものの、アラレ投入直後に同点ゴールが生まれたのでご祝儀も兼ねて採点3.0。

 

妖精さん 3.5

お父さん、やっぱり左サイドバックのファーストチョイスは妖精さんでもいいんじゃないかなー、て思うんだけど、ロヒシーには見えていないのかな?

 

ペレイラ 3.0

Jリーグ開幕当時、ベルディ川崎にペレイラって言う選手がいたのを思い出しました。

※編集部注意=上記の画像のひとはユベントスのペレイラではありません。ヴェルディ川崎に所属していたペレイラです。

 

 

一目見て分かるわっ!

 

 

ロヒシー 4.0

たぶん偶然だと思うけどアラレを投入して流れをユベントスに傾かせる。うん、実際にアラレは大した活躍見せてないんで偶の然に決まってるけど、来シーズンも指揮を執って欲しいんで「アラレ投入直後に同点弾が生まれた」と強調しておきます。

 

川喝さん 3.0

この日は『disり無し』だった事から、結局のところ若手をdisっているんじゃなくて、主任とユッティだけをdisっている事が判明しました。お願いだから主任disりだけは止めてあげて下さい。

 

 

まとめ

五郎スキーが25歳、妖精さんも26歳と2人ともいい大人なのに、「ブランコの足の部分にされて可哀想だなぁ」と思いました。

 

 


 

【取り合えずGW中に見ておきやー】