【煽り記事だからインテリスタは読まないでね】2018-19シーズン第34節 vs インテル戦 レビュー

2018-19シーズン第34節 vs インテル戦 レビュー

インテル 1-1 ユベントス

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)


 

ユベントスの『2018-19嫌がらせツアー』の初日の対戦相手はチャンピオンズ・リーグ出場権が賭かっているインテル。相手にはマロッタもいるし師匠もいるしイカルディの嫁もいるし更にアウェイ。ツアー初戦にはうってつけの相手・舞台と言えるでしょう。ちなみに今回のツアーのレギュレーションですが『残り5試合』が対象となり、ミッションは『相手チームに勝ち点を与えない事』であり、『ユベントスが積み上げた勝ち点』ではなく『ユベントスが相手に与えなかった勝ち点』が評価ポイントとなります。月ユベ的には「奪勝ち点13」が超えるべきハードルだと考えておりますが、普通に考えれば「3勝2分」です。でも、それじゃ面白くないのであえて「奪勝ち点13」と表現しております。すなわち「残り5試合で5連勝すれば勝点15で、引き分けの場合には自軍に勝ち点1が来る所を相手から勝ち点2を奪った表現にして、なんとなく楽しんじゃおう」と言う施策です。えぇスクデットも降格も他のコンペティションの勝敗も何も影響を及ぼさないので、楽しむ為のあえての施策です。

 

 

 

 

 

 

 

 

やかましいわっ!

 

 

 

普通に『勝ち点11』でええやん!

 

 

 

 

でも…

 

 

 

 

 

 

 

 

無駄に文字の色が違うやん!

 

 

 

 

じゃ、お約束の茶番も終わったので試合の方に移りますが、来シーズンのチャンピオンズ・リーグ出場権を賭けて残り5節を戦うインテルが、今シーズンのスクデットを早々に決めて来シーズンのチャンピオンズ・リーグ出場も決めたユベントスをホームに迎える形になりましたが、お父さんこれにはびっくりしましたよ。

 

『GAME OVER』のコレオ登場!

 

まさか残り5試合を残しながら、自分たちのチャンピオンズ・リーグ出場権を諦めるだなんて、インテリスタも諦めが早いと言うか、それほどまでにチームに対して怒りを抱えていると言うか、一昔前はユーべとスクデットを争っていたチームなだけに、ちょっと心が痛みました。でも、某高校のバスケットボール部の名将も「諦めたらそこで試合終了ですよ」と言っていたので、最後まで頑張ってくださいね。

 

 

まぁ、そんな中で行われたイタリアダービーでしたが、前半はそうは言ってもホームの後押しを受けてインテルが主導権を握る展開になり、開始早々の7分に「Please look Nine and 5=9と5を見てご覧=ナインゴラン」の超絶ダイナマイトボレーが突き刺さって先制を許します。

 

 

 

9と5とかやかましいわっ!

 

 

 

ちなみにあの失点のシーンですが、「手が届いていただけにスチェスニーのミス」と言っている方もいて、「ピンちゃんだったら間違いなく一歩も動けなくて、ゴールが決まった事すら気付かなかったであろう超絶ナイスシュートだったのに、世知辛い世の中になったなぁ」と感じました。

 

と言う事で、そのまま押され押されムードのまま前半を終えます。

後半に入ってもイケイケ・インテルな感じだったんですが、後半15分に松っちゃんに代わってアラレが投入されると流れはユベントスに(実際にアラレはそんなに活躍してはいませんが)。すると直後の17分にエリア付近でロナ王→アゴ先輩と繋ぐと、リターンを受けたロナ王が左足一閃で同点ゴールをブチ込みます。その後はイタリア・ダービーっつー事で双方の意地と意地がぶつかった風の試合展開になり、お互いにチャンスを作るもそのまま試合終了。ツアー初戦は勝ち点2を奪う事に成功しました。

 

 

まぁ、前半の悪い流れの中で追加点を許してもおかしくない所をコブちゃんや松ちゃん、そして戻って来たロボちゃんの身体を張ったディフェンスで1失点で踏みとどまり、そして後半はロナ王のゴールで同点と、個人的には「悪い結果ではないかな」と感じていますが、みなさんどうでしょうか?お題目掲示板に「インテル戦、どーでした?」のスレッドを立てたので、ぜひ感想をお聞かせ下さい。えぇ、最後はいまいち賑わいを見せない新コーナーの宣伝でお開きです。

 

 

つーか、「GAME OVER」とかほんと‘’ウザー‘’って感じですが、これもインテリスタとしては楽しみのひとつなんでしょうね。まぁ、ワンダ・ナラとかで‘’ウザー‘’って思っている感情をユーべに向けたんでしょうね。ユーべ戦って事で73,855人も観客が集まったとは思うんですが、だからこその‘’ウザー‘’なんでしょうね。

どういたしまして!

 

 

 

じゃ、インテリスタからdisりコメントが来たら守ってください。

 

 

絶対だかんね!

 

 

この記事読んで笑った毒者は同罪だかんね!

 

 

ノールック・スルーとかいらないからね!

 

 

 

 

ウザーーー

 

 

まとめ

この煽りはプロレスのやらせ興行みなたいなもんだから、インテリスタの方は怒らないでね。

 

 


 

【居酒屋対談 with ピョン吉先輩】