【そんな事は気にするな】2018-19シーズン第20節 vs キエーボ・ベローナ戦 レビュー

2018-19シーズン第20節 vs キエーボ・ベローナ戦 レビュー

ユベントス 3-0 キエーボ・ヴェローナ

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

いやー、みんな見た!?

 

コスタるんの超絶ミドル!

 

 

昨年末からスーパーコスタるんになってるんで、もう『戦術はコスタるん』でもええかもしれんね。知らんけど。

 

「ユッティやってやんよ」って感じで、ユッティを睨みつけていましたね。

 

 

さて、アゴイチが累積警告で欠場した事で、塩気さ切なさと心強さが出るんじゃないかと思われたキエーボ戦でしたが、終わってみればコスタるん、ナスJ、アゴーニがこぞってシーズン初ゴールを決めて3対0の快勝に終わりました。まー、後半途中までは塩っぱかったけど。

 

その中でもあれですね。キュンが完全にギューン!ギューン!て感じで、QGのお股を攻めまくってる感じでしたね。得点こそなかったものの攻守に渡り存在感を見せつけ、特に今シーズンは「昨シーズンまで持ち合わせていた繊細さに力強さが加わった」と感じています。言うなれば、『直前まで優しく肩を抱いてくれていたのに、部屋に入った途端に押し倒すなんて、そんな風にされたら私壊れちゃうよ。でも、でもそんなキュンくんから離れらないから』みたいな感じですかね。いや、どんな感じかむしろ分からないですね。

 

まぁ、ぶっちゃけで言うと

(2017-18)かぶりキュン

 

 

(2018-19)ムケキュン

 

って事です。

 

 

 

あと、この試合の解説は川喝さんだったんですが、今日のターゲットはナスJでした。確かに顔は50歳くらいのナイスミドル風ですが、実際に年齢は半分の25歳ですし、若手キラーの川喝さんにdisられてもおかしくないんですよね。で、今日は試合開始直後から目をつけられていて、事あるごとに『動き直しが遅い』だの『まだ試合勘が戻っていない』だの『もう少し下膨れがおさまればもっとナスっぽいのに』だの『髪の毛がボリュームアップしててナスのヘタ感が出てない』だの言われる始末。結果的にはゴールを決めて黙らせましたが、ユベンティーニとしても『これはナスハラスメントなんじゃないか』と感じていますので、これ以上ナスハラが続くようであれば出る所に出ようと思っています。ちなみに『ナスハラスメント』でググってみたんですが、何もヒットしませんでした。て優香、もしかしたらナスハラスメントでググった初めての人かもしれませんね。でも、だから何だって言うんでしょうね。

 

「もしかしたら八百屋さんで起こりうるハラスメントではないか」と期待しましたが、何も出てきませんでした。

 

 

 

おっと試合のレビューなのに若干脱線したまま記事も終盤を迎えてしまいましたので、この試合を見ていない方の為にハイライトをひとつだけお伝えしておきます。年明けは若干髪の毛が伸びて来ていたベルナルデスキーに関して、月ユベ編集部でも「この髪型だと愛称をスキスキデスキーに戻さざるをを得ない」と考えていましたが、この試合では短髪に戻っており、それはすなわち『メイウェザーのボディガードカット』になっていたと言うことで、編集長的にも安心した限りです。今後も安心して『五郎スキー』または『メイウェザーのボディガードスキー』の愛称で紹介させて頂きたい所存です。

 

これで検索したのも編集長が初めてだと思います。当たり前ですね。

 

 

 

つーことで勝ち!

 

ロナ王がPK外したけど勝ち!

 

ロナ王がPK失敗したけど勝ち!

 

ロナ王がPK止められたけど勝ち!

 

 

2019年の国内リーグも白星スタートでごじゃーます!

 

 

 

PK失敗なんて気にすることないよー。

 

 

 

 

 

Forza Juve!

 

 


 

【月ユベ・スタジアム エキシビジョンマッチ開催中!】

 

スポンサーリンク