ニュースヘッドライン(2021年12月)

ヘッドライン(先頭固定)

12月31日

(公式)ピンソーリオとアルトゥールが新型コロナウィルスに感染

ユベントス公式

ユベントス所属のカルロ・ピンソーリオとアルトゥール・メロがCovid-19に感染しました。

両選手はプロトコルに準じて、すでに隔離されている事も併せてご報告いたします。

 

 

Forza ピンちゃん!

 

 

 

Forza カリメロ!

 

 

 

Forza ピンちゃぁぁぁぁぁあああああん!

 


 

(Corriere)パラティーチ・チルドレンは放出候補

パラティーチが獲得した選手達はこぞって放出候補に。ユベントスは選手獲得の為に資金が必要となる。ラビオ、アルトゥール、クルゼフスキ、これらの選手はチームを離れる可能性がある。

 

ちなみにユッティや揉太郎って誰が連れて来たんでしょうか?いずれにしても、よくよく考えると生命力が強いですよね。単に「需要がない」ってだけかもしれませんが…。

 


 

12月30日

(Gazzetta)スカマッカ争奪戦!

インテルとユベントス、スカマッカ争奪戦。ビアンコネリがオファーを届けた後、ネッラズーリは6月にサッスオーロのストライカー獲得に向けて4500万ユーロを用意する。

 

スカマッカに4500万ユーロ。譲りましょう。誠に残念ではありますが、インテルがスカマッカに4500万ユーロ支払うならば譲りましょう。

久し振りにインテルの本気を見られそうな気がしますね。

 


 

12月29日

ディバラはナポリ戦の主人公になる準備を進めている

Giovanni Albanese

ディバラはすでに2日間の自主トレをこなしており、コンティナッサでのチーム練習に合流する事を待ちわびている。ユベントスの宝石は、年明けのナポリ戦で主役になるべく準備を進めている。

 

試合前のアップ中に怪我する人もいたりするので、くれぐれもトレーニングでハッスルし過ぎて再度怪我を負う事など無いようにお願い致します。「張り切る」ではなく「ゆとる」くらいが丁度いいかもしれません。

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

(Gazzetta)ユベントスはスカマッカにオファーを届ける

ユベントスはスカマッカ獲得に向けて3000万ユーロから3500万ユーロのオファーを用意。年俸は150万ユーロ。

 

これ、Maji寄りのMajiの話ですが、まだまだ実績を積んでいない22歳のスカマッカに3000万ユーロだの3500万ユーロだの払うのなら、実績はないけど面白い41歳のピンチャマッカの年俸を30万ユーロから値上げして頂きたいと切実にお願いしたいと存じます。

 

Majiで!

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

12月28日

パウロ・ディバラの取り引きはまだ終了していない

Luca Bianchin

ユベントスとディバラの契約更新に関する取引はまだ終了していない。ビアンコネリは1月か2月に、代理人のアントゥンに新しい条件を提示する事になるだろう。恐らく契約期間は3年になる見込みだ。

 

 

すみません、大御所の契約更新が進まないと、下っ端の話が進まないんですが…

※画像はイメージ図です。実際の「下っ端」とは関係ございません。たぶんね…。

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

(TuttoSport)ユベントス、ヤングボンバー!

ヤングユベントスが行く!アンダー25ではロカテッリ、キエーザ、ペッレグリーニが成長を見せる。しかしチームはスクデット争い、チャンピオンズリーグで上位進出を目指し、ストライカー獲得に奔走する。

 

いまだに30を超えたオッサン達が前面に出ているチームにおいて、若手選手にズルっと剥ける兆候が見えるのは嬉しい限り。あとはその間を取り持つ中堅選手がどれだけ頑張れるか、ですね。

 

頑張れなさそうですね。

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

12月27日

ユベントスはマルシャルとオーバメヤンをリストから削除した

Gazzetta

冬のマーケットでアタッカーを補強したいユベントスだが、ユナイテッドのマルシャルとアーセナルのオーバメヤンはリストから削除したようだ。

 

たぶん、ユベントス首脳陣にしてみれば、パンチが足りなかったんでしょうね。

確かに「イカルディ・ヨメルディ」の漫才コンビと同じリストに名前を並べられると、ちょっと小粒感が出ますもんね。仕方ないですわ。

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

アタランタはデミラルの「買取オプション」行使へ!

TuttoMercato Web

今シーズン開幕前、ユベントスからレンタルでデミラルを獲得したアタランタだが、「買取オプション」を行使するようだ。

 

そりゃ、そーなるでしょうね。

そーなりますよ、うん、そーなりますよ。

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

12月26日

ユベントスにとって、デ・リフトは「アンタッチャブル」

CalcioMeracato.com

ユベントスにとってデ・リフトはアンタッチャブルである。契約は2024年まで残っており、年俸は800万ユーロ+ボーナスの待遇で迎えている。オランダ人ディフェンダーの契約解除条項は今シーズン終了後に1億2500万ユーロで発動され、翌シーズンには1億4000万ユーロに上昇する事になる。

 

オラオラが何だかんだ言って周囲もワカパっておりますが、少なくともフトシが2024年6月までユベントスの選手である事は間違いなく、契約解除条項だの何だの言ったって、最終的にフトシが「イエス、フォーリンラブ」って言わなければ移籍は成立せず。

1億2500万ユーロだろうが1億4000万ユーロだろうが、我々ユベンティーニにとっては「そんなの関係ねぇ」。フトシはポヌッチやロボと言ったオッサンCBを残して去って行くような漢じゃないと信じています。知らんけど。

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

(Corriere)ユベントス、ディバラとの契約更新にダウト!

ユベントスはディバラの契約更新にダウト!スター選手との交渉は一時ストップ。

 

編集長がチェキラしていた中ではこの手の情報は届いていなかったものの、Corriereの見出しをGoogle先生に翻訳コンニャクして頂くとこんな風に。まさに「寝耳にポヌッチ」って感じですが、もしかしたらニュアンス的にそんなに深刻なものじゃないかもしれませんね。知らんけど。えぇ、知りません。正確な情報は各自でお取り下さい。

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

12月25日

ルガーニ代理人:「アッレグリからの信頼には満足している」

ダビド・トルチェ(ルガーニ代理人)

ダニエレはピッチに送り出されれば、常に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれる選手です。

我々はクラブ、そしてアッレグリが寄せる信頼に満足しています。

 

2021年のMMP(=最も揉んでいるプレーヤー)に選ばれた揉太郎。今シーズンはアバラル君が移籍して4番手のセンターバックとなったものの、しかし出場はわずか4試合に留まる事に。

しかし、揉太郎が文句ひとつ言わずに4番手に座ってくれている事にファンは感謝していますし、怪我人が出て4番手から3番手になった途端に一気にチンピーな局面を迎える事もファンは分かっています。

 

月刊ユベントスとしては、今シーズン後半戦も『たまに出てきてあっと驚かせる揉太郎』に信頼を寄せるばかりであります。

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

(TuttoSport)クリスマス・カルチョメルカート!

ディマルコはインテルとの契約を2026年まで延長。トーロはピョンテクを視野に入れ、イコネはフィレンツェに到着した。そしてユベントスはマルシャルへ。

 

まぁ、今日くらいは移籍の話はいったんお休みして、クリスマスムードを楽しんでもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

※ボヌッチ選手が着用しているジャージの左右に「赤と黒のライン」がチラリと見える事は気にしないで下さい。メリークリスマスなので。

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

12月24日

ユベントスはイカルディとアルトゥールの交換トレードを提案するも…

Gazzetta

ユベントスはPSGに対して‘’イカルディとアルトゥールの交換トレード‘’を申し出た。しかしレオナルドはドライローンでは首を縦に振らず、『買取り義務』を付ける事を上限に加えた為にユベントスはイカルディから一歩後退する事になった。

 

イカルディだけではなくヨメルディの面倒も見るので、買い取り時の料金も『セット割』でお安く設定頂ければ、ユベントスも条件を飲むのではないかと思います。レオナルドさん、そこんとこヨロチクビームです。

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

(Tutto Sport)ユベントスに何かが起こる

単独5位に浮上したユーべはヒットマン獲得に動く。チャンピオンズリーグまでわずか4ポイント。ヴラホビッチ、イカルディ、スカマッカ、何かが起こる。

 

何も起きません。それは我々が一番分かっています。万が一に起こるとすれば「池崎がウィンターブレイク中にパーティった」、これくらいですよ。こっちだって分かっていますから。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

12月23日

(Gazzetta)ユベントス is Back!

ユベントスが戻って来た!チャンピオンズリーグ出場圏内まで4ポイント。アッレグリ「1月が勝負の月になる」。

 

前半戦も連勝で2度ほど戻り、そして少し時間が経ったらいなくなっちゃったので全く楽観視できませんよ。確実に戻って来るのはポヌッチくらいですわ。

 

 

 

 

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

12月22日

(Goal Italia)カリアリ戦 採点

  • 7.0:ベルナルデスキ
  • 6.5:スチェスニー、マッケニー、クルゼフスキ
  • 6.0:デ・リフト、ボヌッチ、アルトゥール、ラビオ、キーン
  • 5.5:クアドラード、ベンタンクール
  • 5.0:サンドロ、モラタ
  • s.v.:ロカテッリ、デ・シリオ、カイオ

 

試合を通じて存在感を示したゴローがチーム最高の7.0。後半迎えたチンピーを見事にブヒったコブタン、途中出場ながらポップンった池崎、そして童貞ながらゴローのアシストを決めたミノルが次点となる6.5。チーム最低はケンさんとスネ夫の5.0なんですが、編集長的にはそんなに悪くなかった印象。特にケンさんは現地で写真撮影&サインに応じてくれた恩があるので、全力でフォローしていく所存であります。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

 

12月21日

カリアリ戦後、ユベントスは首脳会議を開く事に

Calciomelcato.com

カリアリ戦後、ユベントスはアッレグリを含めた首脳陣で会合を持ち、冬のマーケットでチームがどう動くべきかを擦り合わせる事になる。大きな予算は持たないものの、何かしらの動きは見せるだろう。

 

どうせビッグネームは連れて来れないと思うので、おもくそ無名の若手選手を連れて来てファンを驚かせて欲しいですね。えぇ、驚いて終わりだとは思いますが、それもカルチョメルカートと言う名のエンターテイメントなので。

 

※画像はイメージ図です。今回の記事とは直接関係ありません。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

今シーズン、ロベッラは引き続きジェノアでプレーする事に

Romeo Agresti

ジェノアにレンタル中のロベッラについて、ユベントスは今冬に戻す事は考えていないようだ。

 

ユベントスの中盤に創造性をもたらす為に、ジェノアへレンタル中のロベッラをこの冬に呼び戻すのではないか、と言われていたロベッラですが、どうやらこのままジェノアでプレーする事が濃厚となったようです。

 

編集長としても、貸し剥がしのようなアコギな商売をするユベントスにならずにひと安心。審判買収はするけど、こう言った形で他チームにご迷惑をお掛けするのは良くないですからね。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

12月20日

ボローニャ戦負傷交代のペッレグリーニ、カリアリ戦は帯同メンバー入りか!

Tutto Sport

ボローニャ戦で負傷交代したペッレグリーニだが、Jメディカルで検査を受けておらず、状態は明らかに回復しているようだ。アッレグリはペッレグリーニをカリアリ戦の帯同メンバーに入れるかどうか、今日の様子を見て決める事になるだろう。

 

たぶん、合コンに忙しくて検査を受けなかっただけだと思います。チョリーーーーす!


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

(Tutto Sport)ユベントスはここにいる!

ユベントスはここにいる!モラタとクアドラードのゴールで、チャンピオンズリーグとセリエAのふたつのレースに残った。

 

「はっけよーい、残った!残った!残った残った残った!」状態のユベントスですが、本当に土俵際で踏ん張っている感じですね。シーズン終了時には、インテルもナポリもミランもアタランタもローマもフィオレンティーナもポヌッチもうっちゃっている事を期待しています。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 

 

12月19日

(Goal Italia)ボローニャ戦 採点

  • 7.0:モラタ、デ・リフト
  • 6.5:スチェスニー、クアドラード、ボヌッチ、ベルナルデスキ
  • 6.0:ペッレグリーニ、サンドロ、マッケニー、ベンタンクール、ロカテッリ
  • 5.5:アルトゥール
  • 5.0:ラビオ、キーン
  • s.v.:カイオ、クルゼフスキ

 

先制点を挙げた風味のスネ夫と、ボローニャ攻撃陣をシャットブットしったフトシがチーム最高となる7.0。ラビ彦とアラレの2人はチーム最低の5.0を付けられていますが、そんなに悪くなかった印象です。5.5くらいが妥当かと。また、冬のマーケットでの移籍も噂されるカリメロは、見せ場を作る事が出来ずに5.5。遅刻しなかったんでプラス0.5してあげたい気持ちもありますが…。


<ユベントスを違った角度から楽しめる「月ユベの付録」>

 

12月18日

連覇を狙うユベントス、コッパ・イタリア初戦の相手はサンプドリアに決定!

ユベントスが偉そうにベスト16から姿を現すコッパ・イタリアですが、対戦相手がサンプドリアに決定しました!(試合は現地時間の1月12日か19日の予定)

 

レンタルで加入しているドラグシンがユベントス攻撃陣を封じ込めたり、イハッターレンが親孝行弾を決めたり、イハッターレンが親孝行弾を…、イハッターレンが…、イハッタ…、イハ…、イ…、イェェェェェエエエエエイ!な試合を期待したいですね!


 

12月17日

アタッカーの補強を目論むユベントスは、ユナイテッドのマルシャル獲得を検討か!

Gazzetta

ユベントスはこの冬のマーケットで、マンチェスター・ユナイテッドで出場機会が限られている『マルシャル』をローンで獲得する事を検討してるようだ。

 

分かっています、分かっています。ユベントスが欲しているのはアタッカーはアタッカーでも『センターフォワードタイプ』であり、マルシャル獲得に関しては「違うだろ、違うだろ、このハゲー!」である事を。ただ、これも巡り合わせであり、これがカルチョメルカート。月ユベとしても「エディ・マーフィー」の愛称だけは準備しておこうと思います。


 

(Gazzetta)アッレグリはユベントスを再構築する 

アッレグリはユベントスを再構築する。イタリア人監督のショッピングリストには「ガッティ、ロベッラ、ザカリア、スカマッカ、マルシャル」の名前が記されている。改革は1月に行われるだろう。

 

ヴラホナントカさんのお名前は…?


 

 

バルセロナ、今シーズン限りで契約満了となるベルナルデスキをリストアップか!

Toni Juanmartí

バルセロナはベルナルデスキの代理人と月曜日に会談の場を持った。

イタリア人ミッドフィルダーは今シーズン限りでユベントスをの契約が切れる事から、バルセロナの獲得リストに名前が挙がっているようだ。

 

それより何より、今シーズンのゴローちゃんってサイドを刈り上げた事で、「これまで以上にゴローっぽさが増してきた」と思いませんか。「むしろベルナルデスキがゴローに寄せて来た」的な。知らんけど。


 

 

12月16日

ユベントス、ジェノアにレンタル中のロベッラを1月に呼び戻しか!

Daniele Longo

ユベントスはジェノアに対して、ロベッラを1月に戻す交渉を始めている。

 

銀行の「貸し剥がし」と同じですね。世知辛い世の中になったものです。


 

 

ユベントス、アヤックスの守備的MF「グラフェンベルフ」に注目か!

Alfredo Pedulla

ユベントスは中盤の補強に、アヤックスに所属するライアン・グラフェンベルフ(19)に注目しているようだ。

 

国内リーグは首位PSVに勝ち点差1で2位、チャンピオンズリーグは決勝トーナメント進出と、好調アヤックスの中盤の屋台骨を支えるグランフェンベルフ。モチのロン、どんな選手か分かりませんが、今シーズンは国内リーグとチャンピオンズの全試合に出場中(22試合のうち21試合でスタメン)。まだ19歳と若手の部類になりますが、冒頭の画像の顔も強面ですし、もしかしたらジャングル系かもしれませんね。知らんけど。


 

 

(Corriere)ディバラ:「サンタにチャンピオンズリーグ優勝をお願いしたよ」

ユベントスはディバラに900万ユーロ。ラ・ホーヤは昨日、アリアンツで子供達とクリスマスパーティを開いた。そこで「チャンピオンズリーグ優勝をサンタさんにお願いしたよ」と口にした。

 

非常にキュンのキャラクターを感じ取れるエピソードですね。編集長は「デ・シリオからのファンレターの返事」をサンタさんにお願いしたいと思います。ファンレターを送ったのはもう2年半も前の事ですが。

しつこくもう一回送ろうと思っています。


 

 

12月15日

ロカテッリがトレーニングを欠席!

Romeo Agresti

本日のトレーニングに関して、ロカテッリは軽度の胃腸炎により欠席する事になった。

 

トレーニング結石の理由は「胃腸炎」で、しかも軽度との事。某メロのように遅刻じゃなくて良かったです。一瞬、遅刻するツヨポンで『チコポン』になるかと思いました。

 

えっ、チコポン…???


 

 

(Gazzetta)なんと言う出来事!

なんと言う出来事!チャンピオンズリーグは再抽選により、インテルはアヤックスからリバプールに変更。ユベントスはビジャレアル。

 

 

 

じゃ、そう言う事で。


 

 

12月14日

アルトゥールはワールドカップを見据えている

パストロレッリ(アルトゥール代理人)

アッレグリが監督になった事で、アルトゥールに与えられるチャンスは激減する事になりました。

この冬のマーケットにおいては、様々な角度から物事を考える必要があるでしょう。アルトゥールは常にワールドカップ出場を意識しています。

 

確かに今シーズンのカリメロはお世辞にも「アッレグリに重宝されている」とは言えずに出場はわずか8試合で、そのうちスタメンは2。そりゃ、不満も口にしたくなるでしょうけど、とは言っても招集外となった内の一回は遅刻が原因だし…。遅刻ボーイだし…。遅刻メロ、それはすなわち『チコメロ』だし…。知らんけど。


 

 

ユベントスはクロアチアの若手MF「Marko Brkljaca」に注目か!

CalcioMercato.com

ユベントスはクロアチアのハイドゥク・スプリトのU-19に所属する、Marko Brkljaca(17)に注目している。しかし、ハイドゥク・スプリトは選手の才能の大きさから「まだビッグクラブに移籍するには早い」として、もう少しクラブに残そうと考えているようだ。

 

今回お伝えしたい事は2つです。

 

ひとつ目は「Marko Brkljaca」の読み方が分かりません。

ふたつ目は「同じ若手のイハッターレン、どーなったーねん?」。

 

現場からは以上でーす。

【月ユベの付録】ペッレグリーニがCL登録メンバー入りへ

 


 

(遅報)ユベントス、CL決勝トーナメント1回戦の相手はヴィジャレアルに決定!

すでにユベンティーニの120%がご存知だとは思いますが、CL決勝トーナメント1回戦の相手がリーガ・エスパニョーラのヴィジャレアルに決定しました!

 

アトレティコ、そしてPSGと対戦する可能性があった中、安堵の息をついているファンもいるかと思いますが(編集長はつきまくっています)、よくよく考えたらヴィジャレアル側としても、「シティ、リバプール、バイエルンのクジを引く可能性があった中で、ユーべでラッキーチャチャチャうーっ!」って思っているかもしれませんね。いや、よくよく考えたらそうに違いない。

 

 

チクショー!

【月ユベの付録】クルゼフスキの話

 


 

12月13日

(Gazzetta)ユベントスにはヒットマンが必要である

ユベントスにはヒットマンが必要である。ディバラが再度傷つき、そしてユベントスは躓く。

 

これでまたキュンが離脱する事になると思うので、編集長的にはヒットマンの前に普通に第3キャプテンを任せられる選手が欲しいです。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

12月12日

(Corriere)ユベントスはモラタの1ゴールでは不十分

ユベントスはモラタの1ゴールだけでは不十分。ディバラはすぐにノックアウト。ビアンコネリはスペイン人ストライカーで先制するも、すぐにアラームが取り返す。

 

ここまで来たら、ポヌッチのPKでも構わないので2点目、3点目が欲しいですね。誠に遺憾であり、お恥ずかしい気持ちでいっぱいおっぱいではありますが、背に腹は代えられませんので。

【月ユベの付録】ヴェネツィア戦MIP選出

 


 

ヴェネツィア戦途中交代のディバラ、負傷の状態は…

Calciomercato.com

ヴェネツィア戦で負傷交代したパウロ・ディバラだが、右太ももの筋肉を損傷したようだ。ユベントスは数時間を掛けて、程度を見極める事になるだろう。

 

交代後もベンチで観戦していたので「長期離脱」と言う事はないと思いますが、何にしても今シーズンのキュンは怪我に泣かされますな。GLAY的に言えば「怪我に怪我焦がれ怪我に泣く」ですな。ちょっと言いづらいけど。ちなみにGLAYのグロリアスの歌詞からです。念のために。

【月ユベの付録】ヴェネツィア戦MIP選出

 


 

(Goal Italia)ヴェネツィア戦 採点

  • 7.0:ペッレグリーニ
  • 6.5:デ・リフト、モラタ
  • 6.0:スチェスニー、ボヌッチ、ロカテッリ、ベルナルデスキ
  • 5.5:デ・シリオ、サンドロ、クアドラード、カイオ、ベンタンクール
  • 5.0:ラビオ、キーン
  • s.v.:スーレ、ディバラ

 

先制点をチョリーっすしたチャラ男がチーム最高となる7.0。次点はそのチャラ男のチョリストを合わせて先制点を決めたスネ夫と、最後尾でブットしまくったフトシが6.5。キュンの負傷により開始10分から出場したカツオは、波平さんのお眼鏡に適う事なく途中出場・途中交代の憂き目にあうことに。帰ってから空き地で中島と特訓していたに違いありません。知らんけど。

【最新の月ユベの付録】ヴェネツィア戦MIP選出

 


 

12月11日

ユベントスは引き続きマッケニーを『放出候補』に

Giovanni Albanese

この所、安定して出場機会を得ているマッケニーではあるが、ユベントスは3500万ユーロ以上のオファーが届けば、アメリカ人ミッドフィルダー放出も厭わない姿勢である。

 

 

 

だめぇぇぇぇぇえええええ! 

こんな面白い選手を簡単に放出したらダメですよ、ダメ。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

ユベントス、‘’韋駄天‘’ ドウグラス・コスタとの契約満了へ

Romeo Agresti

ドウグラス・コスタについて、ユベントスからグレミオへのレンタル期間は2022年6月までとなっている。ビアンコネリに契約延長の意思はなく、ブラジル人アタッカーはプレーするクラブを探さなくてはならない。

 

ドウグラス・コスタるんも31歳。爆発的なスピードを持った選手ですが、怪我が多いのと、時おり口から噴射しちゃうのが玉に瑕。とは言え、まだまだ最前線で活躍できる選手だと思いますので、「ナ・イ・スですね~(山本晋也監督風に)」なチームが見つかる事をお祈りしております。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

12月10日

(Gazzetta)首位はユベントス!

首位はユベントス!ビアンコネリはマルメを破り、そしてロシアのチームに感謝の意を伝える。

 

昨シーズン最終節はキエーヴォ様様で、今シーズンはゼニト様様。「他力本願」が伝家の宝刀になりつつありますな。何とも愛らしいチームですよ、ユベントスって言うのは。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

12月9日

戦列を離れていたマッケニーが全体練習に復帰!

Giovanni Albanese

右ひざを痛めて戦列を離れていたマッケニーだが、今日から全体練習に復帰した。ヴェネツィア戦は帯同メンバーに名を連ねる事になるだろう。

 

 

いぇぇぇぇぇえええええい!

 

 

現場からは以上です。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

CL決勝トーナメント1回戦で当たる可能性のある6チーム

必殺、他力本願寺にお参りした事によりグループHを首位通過したユベントスですが、決勝トーナメント1回戦で対戦する可能性のある6チームが下記の通りになりました。

ビジャレアルに関しては、今朝のアタランタ戦が大雪の影響で延期(日本時間の12/10 朝3時K.O.)になったので、「グループステージを抜ければ」と言う条件になります。もしアタランタが直接対決で勝って決勝トーナメント進出を決めた場合、同国同士が1回戦で当たる事はありません。

 

 

これまでの歴史を振り返ってみてもアトレティコ、ですかね…。

 

ちなみにPSGはチェルシーと当たると面白いと思います!(そーだ、そーだ!)


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

(Goal Italia)マルメ戦 採点

  • 6.5:デ・ウィンター、ボヌッチ、ルガーニ、ベルナルデスキ、ディバラ
  • 6.0:ペリン、デ・シリオ、ベンタンクール、アルトゥール、ラビオ、サンドロ、モラタ、キーン
  • s.v.:クアドラード、ミレッティ、ダ・グラッカ

 

全員が6.0~6.5に集中。めちゃくちゃ良かった選手がいなかった代わりに、めちゃくちゃ悪かった選手もいなかった証拠であり、それが後半のグダグダ感を証明しているとも言えますが、「終わってみれば首位通過」と言う事でヒャッホイでございます。

つきましては、本日は職場、学校、ご家庭で「ユベントスって何位でグループステージ通過したの?」と聞かれた場合には「ヒャッホ位で通過した」とお伝え下さい。二度とサッカーに関する質問は飛んでこなくなると思いますが。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

12月8日

アッレグリはアルトゥールを戦力とは見なしていない

Nicolò Schira

マックス・アッレグリはアルトゥールを戦力としては見ておらず、冬のマーケットで売却する準備を進めている。そしてプレミアの2つのクラブが興味を示しているようだ。

 

いやいや放出するには勿体ないでしょ。明日のマルメ戦はスタメン確定なので、自身のカリカリでメロメロさせればヒロシも残留の判断するんじゃないかと思います。

 

 

えっ、「カリカリでメロメロ」って。。。 (ピー)

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

ユベントス、BVBのヴィツェル獲得レースから離脱か!

Romeo Agresti

ユベントスはドルトムントのヴィツェル獲得レースから手を引いたようだ。

 

Twitterで目にしただけなので事の信憑性も理由も分かりませんが、たぶんユベントスの『アフロ枠』に引っ掛かったんだと思います。枠は2つだと言う事が分かっただけでも収穫でした。有難うございます。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

パウロ・ディバラの契約は‘’クリスマス前‘’には更新確実に!

Romeo Agresti

ディバラの代理人であるジョルジュ・アントゥンはトリノに戻る準備を進めている。クリスマス前には契約更新が発表される事になるだろう。

 

ユベンティーニに嬉しいクリスマスプレゼントが届きそうですね。

 

ちなみにポヌッチの左胸にチラっと見えるチームロゴが「J」じゃないのはご愛敬です。まぁ、ご愛敬が歩いているような選手なので、見逃してあげて下さい。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

12月7日

クルゼフスキが急性副鼻腔炎の手術を受けた為に、1週間の戦線離脱に!

ユベントス公式

デヤン・クルゼフスキは歯原性の急性副鼻腔炎を解消する為の手術を受けました。手術は成功に終わったものの、戦列復帰には1週間の時間を要する事になります。

 

「急性副鼻腔炎を解消する為の手術」と公式からは発表されていますが、実際には「上野クリニック」ですよね。隠したいお気持ちは分かります。

 

取り合えず手術した箇所が擦れちゃうんで1週間の運動禁止ですね。了解です!

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

マルメ戦のセンターバックはボヌッチとルガーニのコンビに

Giovanni Albanese

マルメ戦に関して、ユベントスのディフェンスラインは右から『デ・ウィンター、ボヌッチ、ルガーニ、サンドロ』が並ぶ事になるだろう。

 

すでに決勝トーナメント進出を決めているユベントス。例えマルメ戦に勝利を収めたとしても、チェルシーがゼニト相手に引き分け以下でないと順位が変わらない事から見方によっては『消化試合』とも言えますが、いやいや見どころ増し増し二郎系な一戦になると予想。

そろそろお歳暮の季節ですし、ポヌ急便、揉太郎宅配便、夏でもウィンター配達センターから、結構な数のお届け物がコブタンの足元に贈られてくるかもしれず。月ユベとしても目が離せませんわ。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

(Corriere)ユベントスは不安を抱える

ユベントスは不安を抱える。ビアンコネリはジェノアを破り5位に浮上。クアドラードとディバラのゴールでアッレグリは戦線に戻るも、モラタとのいざこざが勃発する。

 

交代時にヒロシとやり合っていたスネ夫。今シーズン終了後に家出しない事を願います。まだレンタルだけど。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

12月6日

被シュート数ゼロのジェノア戦、Gazzettaがスチェスニーに付けた採点は…

 

 

まさかの「s.v.(評価なし)」。

 

 

スクールウォーズの滝沢先生が監督だったら、「お前はゼロなのか!」って泣きながら怒鳴られそうですね。

知らんけど。

 

 

って優香、毒者の87%がスクールウォーズを知らんでしょ。

 


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

(Goal Italia)ジェノア戦 採点

  • 7.5:クアドラード
  • 7.0:デ・リフト、ペッレグリーニ、ディバラ
  • 6.5:キエッリーニ、サンドロ、ベンタンクール、ロカテッリ、ベルナルデスキ
  • 6.0:スチェスニー、クルゼフスキ、キーン
  • 5.5:モラタ
  • s.v.:カイオ、ラビオ

 

ヒロシとスネ夫が口論していた件が少々気になりますが、そのスネ夫以外の選手がこぞって6.0以上。今日みたいな試合を見せられると「オラ、ワクワクすっぞ」って言いたくなりますね!

 

って優香、ヒロシに言わせれば「スネ夫のくせに生意気だぞー」って事なんだと思います。知らんけど。


<軽いタッチでお届けする「月ユベの付録」>

 


 

12月5日

ヴィツェルは1月にドルトムントを去る

Nicolo Schira

アクセル・ヴィツェルはドルトムントと契約更新しない事を決めた。選手は1月にチームを離れる可能性があるだろう。代理人は再度ユベントスに売り込みを掛けている。しかし、プレミアやMLSのチームもベルギー人ミッドフィルダーに興味を示しているようだ。

 

ここに来て「ヴィツェル祭り」になっていますが、さてユベントスは現在ドルトムントが支払っている(と言われる)750万ユーロもの年俸を負担する事が出来るでしょうか。

戦列離脱しているオジーロのキャバ代を回収しても(たぶん今はキャバってないと思うので回収可能)、難しいでしょうなー。

 


 

ユベントスは夏にヴィツェルにコンタクトを取っていた!

ティエリー・ヴィツェル(父親)

アクセルは冬に移籍するかもしれませんし、ドルトムントに残留するかもしれません。まだドルトムントから契約更新の話も届いておらず、何とも言えません。ユベントスについては夏の時点でコンタクトがあった事は伝えておきましょう。

 

取り急ぎこの記事の裏を取る(信憑性の確認)前に、オヤジさんがアフロかどうかを確認したところ「ノーアフロ」だった事をお伝えさせて頂きます。

 

現場からは以上です。

 


 

12月4日

ユベントスはクルゼフスキに3500万ユーロの値がつけば放出も

Nicolo Schira

プレミアのアーセナルとトッテナムはクルゼフスキに興味を示している。ユベントスはスウェーデン人アタッカーに3500万ユーロ以上のオファーが届けば、放出を検討する事になるだろう。

 

「21歳でヨーロッパのビッグクラブに所属していながら童貞」。これだけでかなりのレア案件なので、童貞料」として500万ユーロくらい上乗せされませんかね。知らんけど。(※童貞である事は知っています)

 


 

ジェノア戦は4-2-3-1。マッケニーとデ・シリオが戦列復帰へ!

Giovanni Albanese

ジェノア戦に向けて、マッケニーとデ・シリオは帯同メンバー入りするがベンチスタートとなる。左サイドバックにはペッレグリーニが配置され、ツーボランチでロカテッリの相棒を務めるのはサレルニターナ戦に続きベンタンクールになるだろう。中盤は右にクルゼフスキで左にベルナルデスク、そしてNo.10にディバラが名を連ねる。ワントップに入るモラタがジェノアゴールに襲い掛かる。

 

遂にBoyが戦列に戻ります。恐らく全米がアシスト王に期待するでしょうが、「家に着くまでが遠足」であり「ベンチに座るまでが帯同メンバー入り」。アップ中に怪我で離脱する可能性も十分にございますので、見ている方も油断しないようにお気を付け下さい。

 


 

12月3日

(TuttoSport)ユベントスとアーセナル、ヴラホビッチ争奪戦

ユベントスとアーセナル、ヴラホビッチ争奪戦を繰り広げる。ヴィオラはロンドンに売りたいと考えているが、セルビア人アタッカーはビアンコネリにウィンクを送る。

 

こちらもウィンクでお返したい所ですね。

 

ファンサイトを運営する上で、普通に考えれば絶対に使わないであろう画像を保存しておいた甲斐がありました。

 


 

12月2日

(Gazzetta)ラ・ホーヤが戻って来た!

ユベントス、ラ・ホーヤが戻って来た。システムの変更で勝利を掴む。ディバラとモラタのゴール。

 

Gazzetta紙におかれましては、次のジェノア戦後の見出しは「ユベントス、ユ・ッティが戻って来た」をご用意してお待ち下さい。戻ってこないかもしれませんが。

 

でも「ユ・ッティ」ってどう発生すればいいんですかね。知らんけど。

 


 

12月1日

(Goal Italia)サレルニターナ戦 採点

  • 7.0:ディバラ
  • 6.5:キエッリーニ、ペッレグリーニ、ロカテッリ、モラタ
  • 6.0:スチェスニー、クアドラード、デ・リフト、サンドロ、クルゼフスキ、ベルナルデスキ、ラビオ
  • 5.5:ベンタンクール、キーン
  • s.v.:スーレ

 

先制点を挙げ、最後に「ヽ(・ω・)/ズコー」で笑いも持って行ったキュンがチーム最高となる7.0。両ワイドで起点となったゴローとミノルは6.5でも良いのではないかと思うくらいのプレーを見せてくれました。チーム最低の5.5となった主任とアラレも悪くなかったので、月ユベの採点でフォローしておこうと思います。さすが編集長、義理と人情の男ですね。

【PR】ユベ議室で建設的に試合を振り返りませんか?


▶耳で楽しむユベントス



Posted by 編集長ミツ