【投票コーナーあり】フリーキックは誰が蹴る?

フリーキックは誰が蹴る?

 

クリスティアーノ・ロナウド加入の裏で、新たな話題が持ち上がっております。

 

 

 

フリーキックは誰が蹴るのか……

 

 

 

ご承知かと思いますが、ユベントスにはすでに優秀なフリーキッカーが何人かいるので、そのメンバーを紹介したのちに「この場面だったら誰に蹴らせるか」を皆さんに選択(投票)して頂きたいと思います。

※成功率は「2013-14からの4シーズン半」の数字で、こちらのサイトを基にしております。

 

 

 

パウロ・ディバラ


(キック数:38/成功数:8/成功率:21.0%)

昨シーズン途中までの数字ではあるものの非常に高い成功率を残し、掲載されている記事の中では2位にランクイン。特に昨シーズン序盤はフリーキックからも得点を量産していたイメージが残っています。

上記の画像にもある通り、ゴール向かって右寄りのフリーキックに関してはレフティであるディバラのキックが効果的であり、また相手ゴールキーパーに対しても脅威となるでしょう。これまではこの位置でピアニッチと2人で並ぶ事により「直接狙ってくるか、それとも合わせてくるのか」と、相手守備陣もかく乱する事ができました。

ロナウドが加入したとはいえ、この位置からのディバラのフリーキックがユベントスにとって大きな得点源になる事は間違いないと思われます。

 

それにしても、画像一番左でトボケタ顔をしているケディラの顔の長さはまさに圧倒的。相手守備陣も、キッカーであるディバラではなくケディラに目がいってしまい、集中力を欠いてしまうかもしれませんね。

 

 

 

ミラレム・ピアニッチ


(キック数:76/成功数:11/成功率:14.5%)

ゴールエリア少し外からのフリーキックを指して、「ピアニッチにとってこの位置からのフリーキックは、ペナルティキックと同じくらい容易い」と実況に表現させるほど、キックの精度は高い。蹴るボールの性質が違うものの、「キックの精度」で言えばディバラよりピアニッチの方が高いのではないか、と思う事もあります。

昨シーズンはディバラとは逆のゴール向かって左寄りの位置からのFKに関してはピアニッチが蹴っていましたが、ロナウドは同じ右利き。シーズン開幕後の最初のチャンスに、ピアニッチが蹴るのかロナウドが蹴るのかに注目したいと思います。

 

ちなみに昨シーズン、ディバラが怪我で戦線離脱していた時期には、フリーキックのチャンスの際にはアサモアがピアニッチの横に立っていましたが、「蹴らない感120%」を醸し出しており全く相手を惑わせていなかったですね……(笑)

 

 

 

フェデリコ・ベルナルデスキ


(データなし)

昨シーズン、フリーキックから決めたゴールはフィオレンティーナ戦の「1」に終わりましたが、そのキックの精度から考えても、名手が揃うユベントスの中でもフリーキッカーを任されてもおかしくない選手だと思います。同じレフティであるディバラが比較的テクニカルなキックを見せるのに対して、ベルナルデスキはインパクトの強いキックが蹴れるので、角度や距離によってディバラとベルナルデスキで使い分ける事ができると考えています。

 

まぁ、仲睦まじいふたりですから、フリーキッカーの座を争って揉める事なんてないと思いますが。

 

 

 

クリスティアーノ・ロナウド


(キック数:112/成功数:7/成功率:6.2%)

意外と成功率は低いのですが、キック数が他の選手に比べて突出していることからも、「チャンスのほとんどをロナウドが蹴っている」と言っても過言ではありません(実際にはもっと決めているかもしれません)。最近ではワールドカップのスペイン戦で見せた通り、「ここ一番」でフリーキックを決めるイメージもあり、上記の画像を見て頂いても分かる通り、ロナウドが立っただけでもキーパーに与える威圧感は大きなものになるでしょう。

今シーズンは白と黒との縦縞のユニフォームをまとったロナウドがボールの前で仁王立ちする姿を想像しただけでも、ワクワク感とロナロナ感が止まりませんね。

 

ロナロナ感」を流行らせたいけど、毒者にスルーされそうだなー。くーーーっ!

 

 

 

 

(投票)この場面なら誰に蹴らせる?

つーことで、最後にひとつ皆さんに投票頂きたいと思います。まずは下記のシーンを想像してみて下さい。

チャンピオンズリーグベスト4を賭けた戦い。パリ・サンジェルマンとのアウェイ2ndレグは2試合トータルで2対2(1stレグ:1対1)で進みます。後半ロスタイムに訪れた、ゴール正面のエリア外5メートル程からの絶好のフリーキックのチャンス。相手のキーパーはブッフォン。ピッチ上にはディバラ、ピアニッチ、ベルナルデスキ、そしてロナウドが立ち、監督から「誰が蹴るのか」の指示を待っています。あなたが監督ならば、誰に蹴らせますか?

 

 

こう言った想像を膨らませる事ができるのもサッカーの醍醐味のひとつ。ロナウドが来たことによりユベントスに変化が生じるのはモチのロンです。そう言った現象を、開幕まで一緒に楽しんでいきましょう!

 

 


 

 

おまけ

チャンピオンズリーグベスト4を賭けた戦い。パリ・サンジェルマンとのアウェイ2ndレグは2試合トータルで2対2(1stレグ:1対1)で終了。試合はPK戦に持ち込まれ、8人が蹴り終わったところでお互いノーミスの8対8。残ったキッカーは「チンピラーロ、ベナティア、スチェスニー」。あなたが監督なら次のキッカーに誰を選びますか?

 

 

余力があったらこっちも投票してちょーだい!でも、こっちはオマケだから、まずはフリーキックの方をポチっとお願いしますねー。

 

※「チンピラーロ」はストゥラーロの本名です。