月刊ユベントス

自称「ユベントス日本語公式風味」なWeb月刊誌です。

【RUSSIA World Cup】日本対コロンビア

calendar

reload

【RUSSIA World Cup】日本対コロンビア

【RUSSIA World Cup】日本対コロンビア

 

 

どうせ負けるんでしょ。

 

 

 

一勝もできないよ。

 

 

 

 

 

今日一日、職場やSNSで何度この言葉を聞いた事か。

 

そしてその都度こう答え、そしてこう思っていた。

 

 

 

—–サッカーなんてやってみないと分からないし、何が起こるか分からないのがサッカー。どうせ負けると思っているならば、見なければいい。

 

 

 

コロンビアは開始3分でカルロス・サンチェスが退場し、更にPKを献上して失点。確かに退場者が出なければこの結果にならなかったかもしれないし、その後87分続いた11人対10人での試合展開を見ても、結果が逆になった可能性を100%否定する事はできない。しかし、これがサッカーであり、これを含めてサッカーと言うスポーツの醍醐味である。「レッドカード」「PK」と言うルールがある以上、その中で戦ったのだから胸を大いに張ればいい。そして、決して「11人対11人だったら日本は負けていた」なんて事を口にしてはならない。勝負の世界に「たら」「れば」はないのだ。

 

 

香川のPKも、大迫の逆転弾も、原口の渾身的なプレーも、柴崎のゲームメイクも、長友が味方を鼓舞する姿も、そのひとつひとつに感動して、それは「ワールドカップの舞台だったから」に違いない。そして、そのワールドカップの舞台に連れてきてくれた日本代表選手に、関係者に感謝の言葉を送りたい。日本がワールドカップに出場していなければ、少なくとも4年間はこんな気持ちになる事がなかったはずだ。

 

 

 

思い起こせばわずか2ヵ月前、我々は同じく「圧倒的不利」の状況で試合に臨んでいた。

 

 

サンチャゴ・ベルナ・ベウで3点差を跳ね返さなければならない。

 

 

最終的には負けてしまったけれど、「3点差を追いつく」と言うミッションは遂行された。誰が見ても、誰が聞いてもインポッシブルと思われたミッションであったが、ユベントスはそれを成し遂げた。

 

確かにユベントスと日本代表ではそのベースとなっているものは違うかもしれないけれど、共に戦っているのはサッカーと言う土俵の上であり、与えられた時間も同じ90分間だ。それであれば、最初から諦める理由なんてどこにもないし、諦める位なら見なければいい。それを教えてくれたのがユベントスであり、日本対コロンビアの試合を見る前にも、スパーズ対ユベントス(2ndレグ)とレアル対ユベントス(2ndレグ)の事を思い出していた。もしかしたら、いや間違いなく今の強いメンタルを持って、若干の強がりを交えながらも「サッカーはやってみないと分からない」と口にしているのは、ボクがユベンティーノだからなのだろう。

 

 

まだ予選リーグも2試合残しているので手放しに喜ぶ事もできないが、今日一日は勝利の余韻に浸ってもいいと思う。それくらいワールドカップで勝つ事は大変な事だし、何といっても4年に一度の事だ。

 

 

この試合の前に「負ける」「一勝もできない」と口にしていた同僚や上司たちには明日なんて言ってやろうか。

 

 

いや、まだ偉そうな事を言うのは止めておこう。

 

まだ2試合残っている。

 

 

 

 

何が起こるか分からないのがサッカーだ。

 

 




【面白かったらハートをクリックしてちょ】
いいね! (46 人目のいいね。有難うございます)
Loading...

毒者登録もどうぞ!

この記事をシェアする

コメント

  • 何度もすません…笑
    名前を書き忘れました!
    先ほどの匿名は私です笑

    by 鯵缶先生 2018年6月20日 4:33 PM

    • >鯵缶先生さん
      お名前、匿名から変更しておきましたーーー(笑)

      by 編集長ミツ 2018年6月21日 6:42 PM

  • >編集長
    ご心配をおかけして申し訳ないです…
    ちょっと私生活で色々と問題がありましてて…笑
    これからまた、ちょくちょく顔を出せると思いますので改めてよろしくお願いします。

    by 鯵缶先生 2018年6月20日 4:31 PM

    • >鯵缶先生さん
      おーーー、そーでしたか!
      私生活に関しては、わたしも日々家庭の中で何かしら起こっております(笑)
      では、またコメントにJuvetterに書き込みを期待しております!!!!!

      by 編集長ミツ 2018年6月21日 6:41 PM

  • 予選からオランダ、イタリアが出れなかったし、本戦も強豪国は苦戦してますからやっぱりサッカーに絶対はないと改めて思いました。日本だから勝てないって思うのは間違いですよ❗
    まぁオランダとイタリアはレベルが下がってしまった面もありますけどね
    ただあと2試合ありますからどんな事が起こるか本当に分からないですよね

    by P太郎 2018年6月20日 9:50 AM

    • >P太郎さん
      本当にイタリアやオランダと言った強豪国が出場できないなか、日本が出場して、それを応援出来ることにまずは感謝の念を持ちたいと思っています。そして、今大会ではアイスランドやスイス、メキシコが戦前の予想を覆す結果を見せ、日本もそれに続きました。ワールドカップである以上、各チームの差はわずかなもので、昨日の試合のように「退場」と言った予測外の事態がおこれば、当然結果も変わってくると思います。
      あと2試合、何としても勝ってほしいですね!ただ、セネガルは本当強敵です!頑張って応援しましょう!

      by 編集長ミツ 2018年6月20日 1:34 PM

  • 本田のお散歩気味の守備を見て、トゥドールを思い出しました!

    by 退場王子 2018年6月20日 1:13 AM

    • >退場王子さん
      本田の散歩は私も気になっていました。そしてチンピラーロにも負けず劣らずのミス多発。もう、ネタ系の選手になってしまうのではないかと心配でなりません(笑)

      by 編集長ミツ 2018年6月20日 1:34 PM

  • 編集長、お久しぶりです笑 本当に最高でした!!
    自分も協会に対してなんだかなぁ〜という思いはありますが、それはそれこれはこれです。
    日本を背負って立つ男たちがそこにいる以上、応援しないなんて選択はなかったです。そこに1%でも可能性があるのなら、それをファンが信じないで誰が信じるのでしょう。
    今いる選手たちが死に物狂いで走って足を出す姿を見て、試合終盤涙が止まりませんでした。まさにFinoAllaFineの精神を感じました。
    サッカーって最高だなぁと、本当に最高です。

    by 鯵缶先生 2018年6月19日 11:43 PM

    • >鯵缶先生さん
      いや~、お久しぶりです~(笑)
      Twitterでも最近は絡みがなかったので心配しておりましたよー。

      確かに今回の監督更迭劇はこれまでになく、そして協会内のゴタゴタを持ちこまれた感が否めませんが、とは言えプレーする選手に罪はほとんどないので、私は応援したいな、と感じておりました。もちろんいろんな意見があるのは良いのですが、キックオフしたら全力で応援して欲しいなと思いますし、勝ったら祝福して欲しいと思っています。

      試合終盤は本当に魂が乗っかっていましたね。手を叩いて仲間を鼓舞する長友や長谷部の姿に胸を打たれました。次のセネガルも非常に強敵ですが、わたしも気持ちを込めて応援したいと思います!

      by 編集長ミツ 2018年6月20日 1:33 PM

  • クアドラド下げてくれたのが助かりましたね。

    by スターティングテレビの前 2018年6月19日 11:39 PM

    • >スターティングテレビの前さん
      日本の左サイドはクアドラマンの仕掛けを嫌がっていましたからね。
      ユベンティーノとしては何とも複雑な思いでしたが。。。

      by 編集長ミツ 2018年6月19日 11:43 PM

down コメントを残す


CAPTCHA


月刊ユベントス

編集長ミツ

編集長ミツ

自称ユベンティーノ歴20年位ですが、途中でアーセナルに浮気していました。

folder 辞典

辞典
more...

folder 図鑑

図鑑
more...