【RUSSIA World Cup】韓国 対 ドイツ

【RUSSIA World Cup】韓国 対 ドイツ

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)

 

 

 

韓国の気迫勝ち!

 

 

 

まさにこの一言に尽きるでしょうか。

 

 

 

第2戦のスウェーデン戦では、試合終了間際のクロースのゴールで九死に一生を得たドイツですが、すでにグループリーグ突破の道を断たれた韓国に敗れ、大会を去る事になりました。

 

序盤からドイツペースで進んだので「ゴールが決まるのも時間の問題」だと感じながら見ていたのですが、逆にそれが「そのうち取れる」と言った油断や余裕に繋がったのかもしれません。あとはボールをキレイに回し過ぎてる感は否めないですね。もちろんディフェンスラインから中盤にかけては丁寧に回す事は重要だと思うのですが、アタッキングサードに入ったら、多少強引にでもシュートに持っていくプレーがあっても良かったと思います。シュートを打てば何かが起こるかもしれませんし。

 

 

恋の魔術師
恋もシュートも強引なくらいが丁度いい。

 

 

 

 

やかましいわっ!

 

 

 

 

そして、先発出場したナス大ですが、いいところが全くなく後半13分に交代しています。チームのシステムなのかスタイルなのか分かりませんが、この大会を通じてユベントスで見せているような「ナス大ナミックなプレー」は影を潜めました。全くゴール前に顔を出しませんし、それこそシュートチャンスも数えるほど。普段ユベントスで「無駄イナミックな上がり」を見ているからこそ、窮屈なナス大を見るのは本当に残念でなりませんでした。

 

 

とは言え、これで新シーズンに向けて休養に入る事ができるのも事実。良いコンディションで、また新シーズンを迎えて欲しいと願います。

 

 

では、最後にワールドカップを去るナス大に、月ユベからはこんな慰労な言葉をかけて、今日の記事を締め括りたいと思います。

 

 

 

慎吾ちゃん
あばよ!