【投票コーナーあり】C・ロナウドの移籍に賛成?反対?

C・ロナウドの移籍に賛成?反対?

 

耳にした時は数あるひとつの噂話に過ぎなかった「クリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍」に関して、少なからず交渉の段階に上がっているのではないかと予測するまでになってきました。

 

つきましては、移籍が実現するにあたり起こりうる「課題」と「ポジティブ要素」を取り上げた上で、是非皆さんの意見をお聞かせ頂きたいと思います。

 

 

【課題】

  • 130億円とも言われる移籍金。
  • 要求されるであろう40億円超の年俸。
  • ただでさえ豊富な攻撃陣の整理。
  • クアドラードが着けている背番号7の用意。
  • 33歳と言う年齢。

 

一番大きな課題は「攻撃陣に余剰が出てきてしまう」と言う事だと考えています。現在、在籍している「ドウグラス・コスタ、イグアイン、クアドラード、ディバラ、ベルナルデスキ、マンジュキッチ、チンピラーロ」と言った、攻撃的な選手の出場機会が減る事は明らかです。ロナウドの移籍金を確保する為にも「選手の放出」も考えざるを得ませんが、では「誰を」と言った悩みも生じてきます。

 

 

 

【ポジティブ要素】

  • 圧倒的な決定力(2017-18シーズン:40試合/41得点)。
  • チャンピオンズ・リーグ4回優勝の経験値。
  • 注目度の向上(Twitterフォロワー数:7千4百万人超)。
    ※参考値:ユベントス・イタリア語版=6百万人超。
  • ロナウド関連グッズ販売による収入。
  • CR7とCR27の共演によるワクワク感(CR7=ピッチ内、CR27=ピッチ外)。

 

やはり何と言ってもロナウド獲得は、チャンピオンズ・リーグ制覇に向けての一番の近道とも言えます。その実力だけではなく、チャンピオンズ・リーグ4度制覇の経験値もユベントスにとってプラスに働く事でしょう。そして昨シーズン、ロナウドに決められたオーバーヘッドの記憶も新しいと思いますが、「ロナウドを敵に回さなくて済む」と言う事もポジティブな要素のひとつに挙げられると思います。

 

 

 

まだまだ色々と検証すべき部分は多いかと思いますが、まずはユベンティーノとして、そして1サッカーファンとして「ロナウドのユベントス移籍に対して賛成か、反対か」の意見をお聞かせ頂きたいと思います。

 

実現するにしろ実現しないにしろ、こう言った移籍話を楽しめるのもサッカーの醍醐味のひとつ。ドドーンと投票しちゃって下さい!

 

 

 


今シーズンは味方として、スタンディングオベーションをする機会が訪れるかもしれません。

 

 


そして、CR27とのタッチライン際での夢の共演も……。