【起承転結】元ユベントスのひと情報

【起承転結】元ユベントスのひと情報

本当は8月4日の月刊ユベントスNewsで書こうと思っていたのですが、思いのほか記事が長くなっちゃったので、別記事にしました。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

(起)エポック情報


アーセナルはユベントスと同じくアメリカでICCを戦っていますが、ワールドカップ戦士であるエポックは不参加。そして、休養を終えてアーセナルでの活動を7月30日より始めたようで、Twitterでファンに向けてコメントを寄せております。

 

ファンのみなさんHello。アーセナル初日のトレーニングが終了しましたが、このチームで戦える事をHappyに感じています。今後もよろしくお願いします。

 

なんともエポックらしい親切丁寧な感じのするコメントですが、「アーセナルのひとになっちゃたんだなぁ」と言う寂しい感情も湧いてきますね。とは言え、競争激しいアーセナルの中で、一試合でも多くエポックの上下運動を見れる事を楽しみにしています!

 

 

(匠)師匠情報


師匠はすでに全開状態です。

途中出場が多いみたいですが、ゼニト(親善試合)、シェフィールド(親善試合)、チェルシー(ICC)との試合にはそれぞれ元気な姿を見せているようで、ガーナ代表がワールドカップに出場できなかった事がプラスに働き、早い段階からチームに馴染んでいる様子。

 

師匠との直接対決は12月8日のイタリアダービー@アリアンツになり少々先となりますが、 『師匠がクイっとカットイン→慎吾ちゃんにしっかり狩られる→ボールを奪われた師匠がやっちまった顔で立ちすくむ』、とこのシーンが見られる事を考えただけで、いまからワクワク感とドキドキ感とモアモア感が止まりません!

 

つーか、師匠って青黒の縦縞が似合うね。

 

 

(転)ヘッシー情報


ユーべが買い取りオプションを行使しなかった為にシャルケに戻ったヘッシーですが、ロシアのロコモティフ・モスクワへの移籍が発表されました。 ちょっと確かではありませんが、恐らく完全移籍です。

 

2014年のワールドカップ優勝メンバーであり、シャルケでも主将を務めたヘッシーではありますが、昨シーズンのユーべ移籍において怪我による出場機会の激減が、シャルケ退団を後押ししてしまったような感はあります。とは言え、ロコモティフ・モスクワも国内リーグではタイトル争いにも絡む強豪のようなので、ヘッシーの経験とリーダーシップを活かし、タイトル奪取に向けて力を発揮して欲しいと思います。

 

ロシアは寒いでしょうから、頭皮のケアを入念に行いますように……。

 

 

(結)松野さん情報


シンガポールで開催されているICCに参加して結構出場していますが、ユベントスの時とまったく変わらない素振り、立ち振る舞い、目の離れ具合で安心しました。

 

 

そしてどこに行っても松野さんは人気者。今シーズンも「選手」として、世界中のファンに喜びを与えて欲しいと願います。

 

 

 

まとめ

うまく「起承転結」で選手が並んだかなって思いますが、特に「転」でヘッシーを当て込めたのが自分的にもファインプレーでした。