【ポスト デル・ピエーロと言われた男】2018年10月9日の月刊ユベントスNews

2018年10月9日の月刊ユベントスNews

基本は「プレビュー」→「レビュー」→「採点」なので、ニュースは空いた時間にね。それだけに鮮度×群ですが悪しからず。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

ウディネーゼ戦後のヒロコメ

はい、いつものやつです。

とても難しかったが、良い試合が出来たと感じています。

ベンタンクールはインサイドハーフで戦術的にもテクニックの部分でも良い印象を残し、これまでのプレーの中でベストパフォーマンスだったと言えるでしょう。もちろん、彼のゴールも素晴らしかった。

アタッカー陣も非常によくやってくれている。マンジュキッチはディフェンス面での貢献度も大きい。しかし、今日の試合で目を引いたのは、ピッチを広く使い、それぞれが適切なポジショニングを取りながらカバーし合っている事だ。

 

これだけ勝つとなんの面白みもない監督に成り下がりますね。

 

 

ベンタビュー

ユベントス移籍後、初ゴールを決めたベン太がコメりました。

アッレグリの望む試合を見せる事が出来たと思う。そして、ボクもユベントスで初ゴールを挙げる事が出来てとてもハッピーだ。でも、それ以上にチームが勝てた事が嬉しいよ。今日のゴールは母に捧げる。

 

そろそろあの男もポルトガルでデビューする頃ですね。CTS(Chinpiraro Tiger Shot)を期待したいと思います。

 

 

カンタビュー

慎吾ちゃんを見ると、昨シーズン開始直後にチンピラーロが右サイドバックで見せていたプレーは何だったのかと考えさせられます。

雨が降り天候が不安定の中でプレーする事は難しかったけど、我々はどんなコンディションであっても勝点を取りに行かなくてはならないし、全ての試合に勝ちたいと強く思っているよ。

 

私がこれまで見てきた右サイドバックの中でも、ビリンデッリに肩を並べるレベルに達してきたと感じています。

 

チビン子


ウクライナ、ポーランド戦に臨むイタリア代表のメンバーが発表され、ユベントスからは「プリン、ポヌッチ、ロボ、五郎スキー」が選出されました。

そして今回の発表に際して話題となったのが、ユベントス在籍時に「ポスト若大将」とも言われたチビンコの招集。この夏にはMLSオールスターズの一員としてユベントスと対戦し、元気なチビっこ姿を見せてくれましたが、3年振りにアズーリのユニフォームに袖を通す事になりました。チビンコも見た目は中学生ですがすでに31歳。次のユーロが最後のチャンスになる可能性もあるので、結果を出してマンチーニ監督に小さいけれど大きくアピールして欲しいと願います。

 

一年前に呼んでいれば、ロシアに行けたかも…。

 

 

ザビエる?

レアル・マドリーの監督を辞任して以来、その動向が注目されるザビエル・ジダンですが、代理人のアラン・ミリアッチョがザビエりました。

ジダンがモウリーニョの後任としてマンチェスター・ユナイテッドに行くと言う噂が出ているけど、彼のサッカースタイルなどを鑑みるとそうはならないだろう。

彼とは何度も話し合いの場を設けているが、少なくとも今年いっぱいは休みを取る。

ユベントスは彼が所属していたクラブだ。彼の行先として否定は出来ないだろうね。

 

ユーべに戻る場合は監督としてなのかフロントとしてなのか、はたまた宣教師としてなのか。もしヒロシが他のチームへ移籍したいと言うならその後釜としてアリだとは思いますが、ジダンに指揮を執らせる為にヒロシを出すと言う暴挙だけは止めて欲しいと思います(今シーズンの結果次第でもありますが)。とは言え、フロントにはユベントスの英雄であるネドヴェド大副会長もいるし非常に微妙ですな…。

 

 

まとめ

ベン太は自分の股間を見つめ、更に手も添えている感じでした。ユベントスはコカントスになったのでしょうか?