【CL登録23選手発表!サプライズは…?】2018年9月7日の月刊ユベントスNews

2018年9月7日の月刊ユベントスNews

最近、現地のインタビューなんかを日本語に訳して月ユベでアップしてるんだけど、その辺って需要あるかな?

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

CLグループリーグ登録23選手発表

CLグループリーグに臨む23選手が発表されました。

1:スチェスニー、2:デ・シリオ、3:キエッリーニ、4:ベナティア、5:ピアニッチ、6:ケディラ、7:ロナウド、10:ディバラ、11:ドウグラス・コスタ、12:アレックス・サンドロ、14:松ちゃん、15:バルザーリ、16:クアドラード、17:マンジュキッチ、18:スズキーン(Bリスト)、19:ポヌッチ、20:カンセロ、21:ピンちゃん(Pリスト)、22 :ペリン、23:エムレ・ジャン、24:ルガーニ、30:ベンタンクール、33:スキスキデスキ

 

昨シーズンは「エポックが召集外」と言うニュースが波紋を呼びましたが、今シーズンはピンちゃんがメンバー入りしたこと以外はサプライズはありませんでした。

 

ちなみに「Bリスト」ってよー分からんかったのでWikiさんで調べたところ

Bリストには、試合前日の24:00(中央ヨーロッパ時間)までに申請すれば、登録資格のある選手を無制限に登録できる。Bリストへの登録資格は、シーズン開幕21年前の年の1月1日以降に生まれた選手で、15歳の誕生日以降、継続して2年以上当該クラブに所属歴がある選手とする。 16歳の選手の場合は、2年以上継続して在籍していれば登録可能とする。

って書いてありましたが、読んでも良く分かりませんでした。てへっ。

 

 

WhoScored.com

お馴染になりつつありますが、WhoScored.comの第3節のベスト11が発表されました。

攻守に渡って活躍した布袋がベイビーされるんじゃないかと期待されましたが、今節もベイビーされず。引き続き安定した守備とある意味安定した千本ノックを見せたロボも選出されませんでした。

 

毒者さん情報だと「ある一定のアルゴリズムによって選ばれている」との事なので、試合中のゴールパフォーマンスをアルゴリズム体操にするしかないと思います。

 

 

 

 

王 、子

ローマの玉子ことトッティが今シーズンのセリエAに関してコメントしました。

我々は現実を見つめ直さなくてはならない。ユベントスとそれ以外のチームでは別のリーグを戦っているようなもんだ。実際にどのチームもスクデットを目指すだろうが、現実的には2位から4位を争うシーズンになるだろう。

 

珍しく弱気の玉子で驚きましたが、それでも引き続き審判買収してでもユベントスにはリーグを独走して欲しいですね。

 

 

ワカメマン

レアル・マドリーの石立鉄男が、ユベントスへの噂を一蹴しました。

ユベントス?何度もそんなバカげた噂を聞いたけど、ボクはずっとここにいるよ。

 

そう言いながら来シーズンにはユベントスに加入したりしているから、この世界は怖いですよね。

 

 

はよ、ファーストエナを見せてくれ

今週末のインターナショナルウィークでモロッコ代表に選出れていないエナティアがコメントしました。

ボクが怪我をして代表から外れたなんて噂が出ているみたいだけど、それは嘘だ。問題はコンディション不良なんだ。今シーズンはまだプレーをしていなくて、コンディションが万全ではない。まだ危機一髪をお見舞いできるレベルに達していないんだよ。

 

「今シーズン初の危機一髪は代表ではなくコブちゃんに喰らわしたい」と言う、プロのエナリスタとしての気概が感じられますね。

 

 

イタリア代表

今週末にポーランドと対戦するイタリア代表の予想イレブン。

<4-3-3>

GK:ドンナルンマ
DF:ザッパコス太、ポヌッチロボ、クリシート
MF:ベナッシ、ジョルジーニョ、ペッレグリーニ
FW:スキスキ、悪テッリ、インシーニェ

 

ユベントスからは3名がスタメン予想に名を連ねていますが、ロボの千本ノックパスを他のチームの選手がトラップ出来るかが心配です。

 

 

愛称忘れた

2006-08シーズンまでユベントスに所属し、共にセリエBを戦ったブームソンですが、カメルーンのテクニカルスタッフに就任する事が決まった模様。

 

どんな愛称付けたか忘れましたが、恐らく今の時代なら炎上しそうな愛称を付けた覚えだけはあります。

 

 

 

まとめ

やっぱり自分の中ではセリエBを一緒に戦ってくれた仲間は、まさに「戦友」です。デル・ピエーロ、ブッフォン、ネドヴェド、カモラネージ、トレセゲなどの名前が挙がりますが、それ以外にもサライエタ、ブームソン、ビリンデッリ、ザネッティと言った経験のある選手も残ってくれましたし、パーロ、バルザレッティ、デ・チェーリエ、そしてキエッリーニら若手選手も一緒に戦ってくれました。

当時はスカパー!でセリエBの中で唯一ユベントスの試合だけ放映してくれたのですが(シーズン途中より)、その中の1試合だけDVDで残っているので、いつか毒者プレゼントしたいと思っています。

 

背番号8がジャンニケッダとか、懐かしいのぉ。