【まとめ】マルキジオの移籍先候補を挙げてみました

マルキジオの移籍先候補を挙げてみました

セリエはすでに閉じちゃいましたが、移籍期限が8月末(またはそれよりも後)のリーグがある事から、塩キージオの移籍先候補が幾つか挙がってきております。つーことで、ちょっとこの辺で軽く「まとめ」行ってみますわ。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

ASモナコ

今のところ「有力候補のひとつ」とも言われています。

先日もお伝えしていますが、おさらいも含めてチーム紹介しておきますね。

 

・チーム名:ASモナコ
・所属:リーグ・アン
・昨年度順位:2位
・注目選手:ヨヴェティッチ、ファルカオ、ゴロビン

 

ロシアワールドカップで注目されたゴロビンが移籍したチーム(前回紹介するの忘れてた)。最近はあまり見ていないんで何とも言えないんですが、塩が行けば塩が中心になれるチームかな、ってイメージがあります。編集長的にはオススメのひとつ。

 

 

ニース

怪童っつーか悪童のバロテッリさんがいらっしゃるチームですね。

 

・チーム名:OGCニース
・所属:リーグ・アン
・昨年度順位:8位
・注目選手:悪テッリ(ワロテッリ)

 

正直全然分かりませんが、2015-16シーズン:4位、2016-17シーズン:3位とここの所、力を付けている感じです。選手はワロテッリくらいしか知りませんが、監督がユベントスにも所属していたオバQことパトリック・ヴィエラです。ヴィエラは1シーズンしかユーべにいなかったんで、その辺のコネクションとかは影響ないと思うけど。

 

 

アトレティコ・マドリー

先日、UEFAスーパーカップでレアル・マドリーを下してシーズン一冠目を獲得したアトレティコ。もう説明する必要もないとは思いますが、一応書いておきます。

 

・チーム名:アトレティコ・マドリー
・所属:リーガ・エスパニョーラ
・昨年度順位:2位
・注目選手:ゴディン、グリーズマン、ジエゴ・コスタ

 

シメオネ親分のもと、堅守から固いサッカーを見せるスペインの強豪。上記に挙げた通りゴディンやグリーズマンを中心にタレントも揃っており、リーガ優勝候補のひとつにも挙げられています。CLにも出られるし、チームのスタイルを見ても悪くはない選択肢だと感じています。シメオネ親分のサッカーに合いそうな気もするんだけ、コンスタントに出場できるかがポイントかな。

 

 

セビージャ

同じくスペインからセビージャの名前も挙がっています。「THEカップ戦」ってイメージがありますね。

 

・チーム名:セビージャFC
・所属:リーガ・エスパニョーラ
・昨年度順位:7位
・注目選手:バネガ、ナバス

 

全然分かりませんが、リーガで毎度中位に付けているチーム。カップ戦のイメージが強いな、と思って調べて見たら、ヨーロッパリーグ(+UEFAカップ)でやたら優勝していました。良く知らないチームなので、塩が行くべきか行かないべきか分かりません。誰か知ってたら教えて。

 

 

ベティス

最後のチームもスペインからベティス。乾が移籍したから、日本での知名度も少し上がったよね。

 

・チーム名:レアル・ベティス
・所属:リーガ・エスパニョーラ
・昨年度順位:6位
・注目選手:乾貴士、カルバーリョ

 

ベティスもリーガ中位に位置するチームですが、安定感がなくて何年かに一度は2部に落ちてますね。とは言え、日本人としては「塩からのパスを乾が決める」なんて最高の演出になるんで、日本人的な感情を込めればベティスはアリ。ただ、緑色のユニフォームは超絶似合わなそうだけど……。

 

 

 

まとめ

これ以外にもポルトガルのスポルティングやMLSのモントリオール・インパクト、そしてフランスのPSGの名前なども挙がっておりますが、いずれにしても8月末までにはハッキリする事でしょう。個人的にはとにかく「マルキジオが中心となり輝けるチーム」に移籍して欲しいと熱望します。もちろんアトレティコやPSGと言った、ヨーロッパの舞台で上位を狙えるチームへの移籍も嬉しいと言えば嬉しいのですが、もしかしたらユーべ時代同様にベンチを温める機会も多くなるかもしれません。であれば、モナコやベティスなどで自分の場所を作り、そこで輝くマルキジオを見たいな、とも思います。

 

8月末まで残り1週間となりますが、我々ファンも固唾をのみながらこれらの噂に一喜一憂し、そしてワクワク、ドキドキ、シオシオしながらこの状況を楽しみましょう!