【何倍にして返してやろうか!】2018-19シーズンCL 決勝トーナメント準々決勝1stレグ vs アヤックス戦 採点

2018-19シーズンCL 決勝トーナメント準々決勝1stレグ vs アヤックス戦 採点

ロッナ王がぴょーーーん!

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)


 

コブタニー 4.0

試合を通じて安定したパフォーマンスを見せ、後半は地味に見えたが決定機をストップしてチームを救った。アゴーニと言う味方か敵か見分けが付きづらい伏兵が潜んでいた中、よく心を落ち着かせてゴールを守った。

 

慎吾 3.0

先制点のアシスト、そして時折見せるバリバリドリブルで相手を剥がすシーンもあっだか、それもこれも失点に繋がるカンセったプレーで帳消しに。ただし慎吾本人も悔しいと思うので、その思いは練習中にユッティにぶつけて晴らして欲しい。

 

アゴーニ 3.5

SNSでは評価が分かれたが、ひとつひとつのプレーに落ち着きはなかったものの、処理のひとつひとつはミスなく『与えられた任務は遂行した』と言えるでしょう。ちなみにSNSでアゴーニをdisってるコメントの幾つかは、文章の中に『おっぱい』と言うキーワードが添えられていたので、単にアゴギャルのオッパイが羨ましいだけなのではないかと考えています。

 

ポヌッチ 3.5

ロボがいない事で左側のセンターバックに入った為に、持ち味であるロングフィードに若干の窮屈感を覚えた。ただし守備に関しては大きなミスもなく、改めて「ポヌッチがユーべに戻って来てくれて良かった」とは思いませんでした。

 

ドンキー 3.0

取り立てて悪くはないけど良くもなく、どうせなら『2試合連続でエリア内でハンドを疑われるようなプレー発生』→『VAR発動』→『またもノーファール』→『もしかしたらユーベじゃなくてドンキーが個人的にVAR担当を買収してるんじゃね?疑惑浮上』→『ヤオックス・サンドロに改名』→『ヤオックスってドラッグストアみたいですね』→『それはヤックスだね』→『だから何だって言うんでしょうね』、と言うオチを付けて欲しかった。

 

主任 3.5

先制ゴールの起点は主任だし、この試合では所狭しと精力的に動いて存在感を示した。そしてこの試合でも見せた、『カレーチケットをゲッツするかしないかの際どいプレー』が主任の持ち味でもあるのよね。

 

アゴ先輩 2.5

「アゴ先輩をもってすれば、もっと出来るんじゃないの?」と言う期待感もあり、更には終盤に見せた『This is アゴ先輩がイエローカード貰うパターン(=これはアゴ先輩がイエローカード貰うパターンです)』と言うファールがあったので、採点はちょい厳しめの2.5。

 

松っちゃん 3.0

この日は攻撃において積極的に前線に顔を出し、チャンスメイクのお手伝いをした。トボけ顔なんで誰も心配しとらんかもだけど、次節は出れるんかな?

 

五郎スキー 3.0

決して悪くはなかったけど、アヤックスに怖さを与える事はできなかった。て優香、ゴローもキュンもちょっと調子に波があるのがちょい残念なのよね。

 

布袋 2.5

デ・リフトとブリントのセンターバックコンビにほぼ押さえられ途中交代。この借りは2ndレグで2億4千万倍にして返してやれ!

 

 

ジャパーン!

 

※「ジャパーン」までの流れにどう言う意味を持たせているのかは、各自で考えて下さい。

 

 

ロナ王 4.0

怪我明けではあったが、そんな事を微塵も感じさせぬパフォーマンスで貴重なアウェイゴールをマーク。もう抱かれてもいい!いや、抱かれません!

 

コスタるん 4.0

噴射する場所さえ間違わなければ出来る子である事を証明した。

 

キュン 2.5

控えめに言おうが言わまいがイマイチでした。

 

ナス茶漬け 5.0

試合終了前のわずか数分の出場だった為に『時間稼ぎ』に見えたかもしれないが、実は2ndレグに向けて『お茶漬けみたいにサラサラにして食ってやるぞ!』と言うメッセージ性を持たせた交代だった事を知る人は少ないはず。

 

 

 

そんなん知るかっ! 

 

 

 

まとめ

「ピンちゃんのくせにゴールキーパーっぽい動画で生意気だなぁ」って思いました。