ユベントスのスクデットは次節以降に持ち越し!(最後にK氏からの激励メッセージ有)

ユベントスのスクデットは次節以降に持ち越し!

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)

 

ミラン戦ではコアな月ユベンティーニが選ぶ『MVP(=Most VAR Player)』にVAR選手が選ばれた事により、世間では『買収』だの『ヤオントス』だの『すみません"ナスタンディング・ベーション"って下ネタですか?』など言われておりますが、ここまで来たら誰が何と言おうと結果は覆りませんし、誰が何を言おうともスクデットにリーチですし、誰が何を言おうともミラン戦のレビューで"オベーション"を"ベーション"と書き損じた為に、大きな誤解を生じてしまった事に間違いはございません(うん、ここまで来たら記事も訂正しないから)。

 

日曜日の試合で勝ったユベントスのスクデットが決まるのは、翌日に行われるナポリ対ジェノアの試合でジェノアが勝った場合のみ。ナポリホームと言う事でモチのロン難しい事はガッテン承知の助でごじゃーましたが、ジェノアにはあの男がおります

 

 

ステファーノ・チンピラーロ

 

 

 

そうです、ユベントスに今シーズン(国内リーグ)唯一の黒星をつけた男。

 

やらない時はやらないけど、それ以外の時も全くやらない男。

 

3人位のマークではもろともせず、力強いドリブルで突破する男。

 

 

 

ステファーノ・チンピラーロ

 

 

 

彼が攻撃を牽引するジェノアであればアウェイの地でナポリを破り、この試合でユベントスの優勝が決まるのではないかと大きな期待を寄せて結果を覗きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(退場者)前半28分:チンピラーロ

 

 

 

 

 

えぇ、あいつ退場しやがりました。

この、ユベントスにとって大事な一戦でかましました。

 

そして、前日のミラン戦でドンキーの超絶微妙なハンドをVARのうえ見逃してもらった翌日の試合で、チンピラーロも「イエローカード提示からのー、VARで一発レッドに変更」とまさかのVAR揃い踏みになったと同時に、ゴールに関係ない場面で無駄にVARを活用。ユーべ相手に恩返し弾を喰らわしたチンピラーロですが、改めてタダ飯ラーロである事を認識致しました。

 

まぁ、とは言ってもやはり優勝は自力で決めてこそ喜びが増すもの。次節はアウェイでの試合になりますが、ここできっちりVARの恩恵を受けた上で勝点1以上を奪って優勝を決めたいと思います!

 

 

 

Forza JUVE!

 

 

 

 

 

編集後記


今回はこちらのツイートを目にして「記事にしてみよう」と思った次第です。すてふぁの・ろーさん、有難うございます!