【おらユベントス好きだ】2018-19シーズン第27節 vs ウディネーゼ戦 レビュー

2018-19シーズン第27節 vs ウディネーゼ戦 レビュー

ユベントス 4-1 ウディネーゼ

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

おらユベントス好きだ

(作詞:編集長ミツ/作曲:吉幾三)

ディバラも無ェ マンジュも無ェ

ロナウド全く出る気し無ェ

カンセロ無ェ デ・シリオ無ェ

マテュディひとりでぐーるぐる

朝起きて 試合みて

ベンチの若手は初見参

ピャニッチ無ェ キエも無ェ

それでもキーンが大躍動

オラこんなユベ好きだ オラこんなユベ好きだ

これでも勝つだ

勢い付けたら アトレティコ倒して

トリノで歓喜するだ

 

 

 

つーーーことで、アトレティコ戦を見据すえてターンオーバーをお腹いっぱい掛けて臨んだウディネーゼ戦。実況の八塚さんからは試合前に「今日のユベントスは新鮮味がありますねー」的なコメントを頂きましたが、振り返れば熊さん、ダレデスと馴染みの顔が雁首揃えいるところに「ユベントスのユベントスたる所以」を感じたと同時に、久し振りに登場したその熊さんが前半25分で負傷交代して、ノーアップのポヌッチが駆り出される辺りに「This is JUVENTSU」も感じました。

 

まぁ、試合の方はあれですよ、あれ。『アトレティコ戦を前にして塩試合で引き分け』を期待したにも関わらず、スズキーンや妖精さん、そして五郎スキーなどこのところ出場機会を十分に与えられなかった選手たちが躍動してまさかの4得点。からのー『最後にきっちり失点かまして帳尻を合わせる』と、ほぼ完ぺきな試合内容。そんな中でスズキーンの2得点も素晴らしかったのですが、アゴイチ先輩が安定の累積警告でお休みした事により、アンカーに入った主任が素晴らしい出来映えで試合をコントロールしてくれました。ボローニャ戦、ナポリ戦と連続でカレーチケットを貰っていたので、この試合でも頂いて「無限カレー」を期待したのですがそんなシーンもほとんどなく、試合を通じて「冷静に」かつ「時に激しく」かつ「いつもカリアゲ」でこの試合のキーマンとなっていました。

 

まぁ、あとはあれですよ、あれ。『スズキーンのハットトリックを期待したにも関わらず、ナスJがまさかのPKキッカー』。試合前からキッカーが決まっていたのか、それとも「ナス顔にPKを外す奴はいない」と言うドイツの言い伝えにあやかったのか、はたまた最近試合中に髪型が乱れているだけに「ナス蹴ってヘタ固まる」的な部分で気を使ったのかは分かりませんが、とにかく若手の鈴木選手のハットトリックを見たかった気もしますが、PKを決めた後にナスJの「あー、俺ってナスだわー顔」が見れたのでヨシとしましょう。

 

まぁ、最後にあれですよ、あれ。『ユッティ温存』。完全に「ユッティのくせに生意気だぞ」でしたが、代わりに出場した妖精さんが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたので、このままアトレティコ戦も温存しておいて欲しいと思いました。えぇ、「無限温存」でお願いしたいと思います。

 

 

 

そんなこんなで勝って、不本意ながらアトレティコ戦に弾みを付ける事が出来たのですが、残念ながら今日スタメン出場したほとんどの選手がベンチスタートとなると思いますが、つーか「今日のメンバーでアトレティコ戦に臨めばいいんじゃね?」とも思いますが、それには気付かないふりをして喜んでおきたいと思います。

 

 

 

 

さぁ、ここからは一気にギア上げて行くよーーー!!!

 

アトレティコ戦に向けて盛り上げて行くよーーー!

 

アトレティコ倒すぞーーー!

 

 

 

Beat ATLETICO!!!