デ・チェリエの新天地はMLSか!?

デ・チェリエの新天地はMLSか!?

 

昨年6月でスイスのセルヴェットとの契約が切れプー太郎状態になっていたデ・チェリエですが、SKY SPORTS ITALIAが「アメリカMLSのマイアミ・ユナイテッドへの移籍合意間近」と伝えているようです。

 

デ・チェリエは2006-2007シーズンに若くしてユベントスでデビューを果たし、ジョビンコやキエッリーニ、マルキジオなどと同じく「若手有望株」として出場機会を与えらたものの、そのチャンスを掴み切れずにローンで島流される事もしばしば。2017-18シーズンは「所属クラブなし」と言う状態の中から2018年1月からの半年契約でセルヴェットに移籍したものの、その後は契約更新される事なく太郎状態が続いておりました。

 

ユベントス下部組織から出てきた生え抜きであり、月刊ユベントスでも出たての若手を捕まえて「チェリー(ボーイ)」の愛称を与え、そして毒者からも愛されていた選手。デビュー当時18~19歳だったチェリーもすでに32歳となり、「チェリー」と呼ぶにはあまりにも年齢を重ねましたが、それでも初体験となるアメリカの地でチェリーっぽさを前面に出して活躍する事を願っております。

 

 

また、あの精度の低いクロスを見れる事を楽しみにしているぞ!

 

 

 

Forza デ・チェリエ!

 

 

Good luck チェリー!