キエッリーニ不在の間、CBのベストコンビを考えてみる。

キエッリーニ不在の間、CBのベストコンビを考えてみる。

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)

 

アタランタ戦で負傷退場したロボですが、完治までに全治2週間だと言う事が分かりました。2月21日のアトレティコ戦の出場はギリギリ間に合いそうですが、それまでのパルマ戦、サッスオーロ戦、風呂ジノーネ戦はロボ不在がほぼ確定。それに加えてポヌッチも怪我で離脱、そしてエナティアが移籍とセンターバックは緊急事態。

 

と言う事で、今回は「このピンチをヒロシがどう乗り切るか」を予想してみたいと思います。

 

 

アゴーニ&ダレデス

否が応でもアゴーニがセンターバックの軸になる事は間違いありませんし、今シーズンは出場機会が限られているだけにこのチャンスを掴んで欲しい所。そして、冬のマーケットで加入したダレデスに関しても、2015-16シーズンまでユベントスに在籍はしていたものの、ヒロシにアピールする大チャンス到来。早速パルマ戦はこのコンビが組まれるようなので、淡く切なく期待したいと思います。

 

 

アゴーニ&ユッティ

アタランタ戦でチンチンにされたコンビなので常識で考えれば「NoooooOOOOOOOOO!!!!!」ですが、ヒロシの事ですから再度使う可能性もあります。まぁ、3失点は覚悟しましょう。

 

 

ダレデス&ユッティ

暴れん坊同士を組ませることで化学反応が起きる可能性はあるものの、途中でコブタンがキーパーグローブ投げ捨てて帰ってしまう可能性もあり。怖いもの見たさでこのコンビを組んでもらいたい気持ちもありますが、それ以前に普通にヒロシがこの2人をスタメンで使う可能性もあるので、「世知辛い世の中になったなぁ」と思います。南無~。

 

 

ナス大&ナスJ

ナスJは「センターバックも出来る」って言う触れ込みだったので、どうせやるなら隣にもう1本ナスを置いたら更にオモローになるだろうなぁ、って思ってこのコンビを提案してみました。でも、オモローとか抜きにしても、本当の本当にピンチになったら『無きにしもあらず』なのがヒロシの怖い所です。

 

 

ユッティ&ユッティ

数式でも「マイナスとマイナスを掛けるとプラスになる」つーことで、ユッティとユッティを並べたら凄まじい効果が産まれるんじゃないかと思いました。実際の所、ユッティをふたり並べる事はできませんが、取り合えずイメージだけ膨らませてアタランタ戦の敗戦の傷を癒してください。

 

 

 

癒されるかっ!

 

 

 

むしろ主犯だわっ!

 

 

 

まとめ

むしろアゴーニが普通に見えてきました。