【ちょい遅報】チェルシーがイグアインとルガーニを狙ってるらしいよ。

チェルシーがイグアインとルガーニを狙ってるらしいよ。

【編集部より】このところ、新規の月ユベ毒者の方が増えている関係で、選手名に関しては本名と愛称を組み合わせて分かりやすく記載させて頂いております。いましばらくの間、このスタイルを続けようかと思いますので、ご了承下さいませ。

 

コンテ@増毛戦士を解任して、昨シーズンまでナポリの指揮を執っていたサッリを監督に招聘したチェルシー。早速「マンチェスター・シティへの移籍確実」と言われていたジョルジーニョを大逆転で獲得し、加えてナポリ時代の教え子であるポルコ(イグアイン)と、エンポリ時代に見い出したアゴーニ(ルガーニ)の獲得に乗り出していると言われています。

 

 

 

ヒロシ(アッレグリ)に怒られいる所は見た事あるけど、こんな風に抱き合うシーンはちょっと思い出す事ができません。

 

 

キュン(ディバラ)は応戦してますが、ポルコ(イグアイン)は知らぬ存ぜぬを決め込んでる風ですな。

 

 

 

 

まだまだ初々しさが残ってるし、何よりもアゴが成長し切ってません。つーか、変なおっさんが若者を宗教の勧誘してる感じにも見えるな。

 

 

 

 

ユベントスはロナウド獲得に1億1700万ユーロを掛けており、その費用の回収の為に既存メンバーの放出は致し方ない部分もあります。ポルコ(イグアイン)が6000万ユーロ、アゴーニ(ルガーニ)が4000万ユーロでの取引になるだろうと言われており、大部分を補う事ができるのは確か。しかし、一昨シーズン32ゴール、そして昨シーズン23ゴールを挙げているストライカーの放出は、「オフにデブって帰って来る、超絶鈍足、勝手にPK蹴って外す」と言った部分はあるにしろ、少なからずチームに歪が生じると感じています。

また、アゴーニ(ルガーニ)に関しても今後のイタリア代表を背負う人材として、特に今シーズンはユッティ(デ・シリオ)、カル太郎(カルダーラ)が揃ったことにより、近年ではBBC(ボヌッチ、バルザーリ、キエッリーニ)、一昔前ではミランDF陣(パヌッチ、コスタクルタ、バレージ、マルディーニ)が形成したように、「クラブチームのディフェンスラインが、まるごと代表のディフェンスラインになる」ような状況を期待していただけに、なんとか放出は避けて欲しいところです。

 

 

 

つーか、今シーズンはCL優勝して賞金ドバッ!って感じになるから、もうみんな残留でいいだろ!

 

もし、優勝しなかったらFIATになんとかしてもらえばいいだろ!

 

 

まー、お金のことはなんとかなんでしょ!

 

 

 

ポルちゃんもアゴーニも昨シーズンかけてキャラ確立させたんで、残ってもらわんと困るわ!