【決戦は何曜日?】C・ロナウドの移籍発表は7月8日以降に持ち越し

C・ロナウドの移籍発表は7月8日以降に持ち越し

 

 

ただいまイタリア現地時間で7月8日の深夜2時。

 

 

—移籍発表は7月7日

 

 

 

と噂されていたクリスティアーノ・ロナウドのユベントス加入に関しては、翌日以降に持ち越す事になりました。ただし、現時点では決して「破断」や「交渉難航」となっている訳ではなく、契約内容等に関して最終的な詰めの段階に差し掛かっていると言われています。

 

 

 

加えて外堀を覗いてみると、レアル・マドリーの公式サイト上では新ユニフォーム紹介のページからロナウドの姿が外れていたり、ロナウドが運営する下着メーカーの背景画が白と黒になっているなど、信憑性は高まるばかり。そして新たなXデーに関してスペイン、イタリア現地では7月10日(火)と予想。マンチェスター・ユナイテッドが獲得レースに参戦、とも言われていますが、ポールポジションにいるのがユベントスである事は間違いないでしょう。「7月7日の七夕発表」を待ち望み、短冊に『ロナウドがユベントスに加わりますように』と書いた方もいるかと思いますが、発表に関しては「7月10日の納豆の日」に持ち越す事になりそうです。

 

 

 

 

 

そして、CR7以上にCR27の移籍情報に敏感な月ユベですが、チンピラーロはプレミアの中堅チームへの移籍話が絶えません。上記のTweetでは移籍先の可能性として、「ウェストハム:35%、ニューカッスル:25%、レスター:20%、エバートン:10%」と紹介。同じ白黒で違和感のないニューカッスル、3シーズン前に優勝したレスター、ルーニーの移籍により新たなるシンボルを必要とするエバートンなど、どのチームにチンピラーロが移籍してもおかしくはありませんが、もしロナウドの移籍に際して180億円(移籍金140億円+年俸40億円)もの大金が動くのであれば、チンピラーロの年俸を100億円にアップしてでも慰留に努めて欲しいと願っております。

 

 

 

※ちなみに本人が「残留したい」と言っても、「1億円握らすから出てけっ!」と言われる可能性がある事は否めません。

 

 


 

発表される前に投票しときや~