2018年10月号(最終更新10/31 23:10)

2018年10月29日のNews

ハゲじゃなくて薄毛ね

今シーズンは国内リーグでもスタートダッシュに失敗し、そしてチャンピオンズリーグでもホームでユベントスに敗れてしまったマン連ですが、来シーズンの監督候補にヒロシとコンテの名前をリストアップしていると言われております。

 

 

コンテの増毛を見抜いた上で、「髪の毛が少ない方が勝てる」とでも思っているのかもしれませんが

 

 

 

 

んなこたない。

 

 

 

堂安の背番号まで考えてみる

フローニンゲンの堂安律に関して、「ユベントスが”本腰を入れて”調査に乗り出している」と現地では報道されているようです。

 

堂安は昨シーズン、ガンバ大阪からオランダ一部リーグのフローニンゲンに移籍すると、その年の公式戦で31試合に出場して10得点・4アシストをマーク。しかも年齢も20歳と十分に伸び代を抱えている事から、「まずは保有権を獲得して、数年はレンタルで実戦を積ませる」と言う方針も有りっちゃー有りだと思います。しかもユベントス初の日本人選手ともなれば、マーケティングにおいても十分に恩恵を受ける事は間違いありません。

 

ただひとつ問題があるとすれば「背番号」に関して。現在フローニンゲンで背負っている番号は『7』なのですが、ご承知の通りユベントスではロナ王が背負っており、7番を着ける事は5000%不可能。そこで挙がってきたのが昨シーズンロナウドが移籍してきた際に導入した『トコロテン方式』での背番号選択。ロナ王の移籍に際しては「ロナ王:7番」「クアドラマン:7番→16番」「ピンちゃん:16番→21番」となったので、ここはいっぱつ「堂安:21番」「ピンちゃん:21番→空いてる適当な番号」で全てが収まると思います。堂安が21番を好むかどうかは分かりませんが、これまでもユベントスではグリゲラ、ヘッシー、そしてピンちゃんと名選手が背負ってきた番号なだけに、期待を背負い喜んで着用してくれるのではないかと考えております。

 

 

そんなの関係ねぇ

エンポリ戦前にキュンが「ユベントスで初のキャプキュンだ。わーーーい」って呟いたこのツイートですが、右上に貼ってある用紙が(ユベントス、エンポリ双方の)フリーキックの際の約束事などを書き記していたもののようで、SNS等で「ディバラが試合前に作戦を漏洩してしまった」などと言われているようです。

 

つーかいくら作戦がバレたとしても、コブタンやポヌッチがエンポリのフリーキックは止めるし、ユーべのチャンスとあらばロナ王やアゴイチやキュンやユッティが容赦なく決めるから、そんなの関係ねぇ!だろ。

 

 

エンポリ戦採点 別記事

エンポリ戦の採点をアップしました。

 

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)