2017年10月30日の月刊ユベントスNEWS

2017年10月30日の月刊ユベントスNEWS

二列目までは聞いた事があるが

松ちゃん、デミタコス、スキスキデスキーの加入により中盤がワッショーイ状態のユベントスですが、「ナス大は三列目のストライカー(ボランチ+フォワード=ボラード)」となったようで、冬のマーケットでバルセロナのMFアンドレ・ゴメスの獲得に動く模様。

その穴は嫌だな

ミカン戦でベンチに復帰した尻王ですが、まだコンディションが万全とは言えないものの「尻穴に入らずんば尻子を得ず」と言う事で、スポルティング戦にスタメンで出場する可能性がある模様。

虎穴に入らずんば虎子を得ずとは、危険を避けていては、大きな成功も有り得ないということのたとえ。

スポルティング戦審判団発表

スポルティング戦の主審が発表され、フランス人のクレマン・テュルパンがアサインされています。

 

「ルパン三世」みたいな人かなって思ったら、若かりし頃の風見 慎吾みたいな人でした。

 

ちなみに、風見 慎吾ってアキラ100%に似てません?

 

 

 

結論:無かったことにして下さい。