2017年9月16日の月刊ユベントスNEWS

2017年9月16日の月刊ユベントスNEWS

with にもなれず

10月にペルー、エクアドルとの大事な試合を控えるアルゼンチン代表ですが、引き続きポルコの招集は見送る模様。もはや、肩書きもなにもない、ただのブタに成り下がりつつありますな。

勉強してこい

逆にベンタンクールは来月に行われるボリビアとベネゼーラとの試合に、ウルグアイ代表として招集されています。ガンバ・スアレスに『正しい角度からの噛みつき方』をご教授頂いてきて下さい。

チームでの立ち位置は分からんが

今シーズン、月ユベでの定位置を確保しつつあるアゴ2号ですが、夏のマーケットでアーセナルと銭取からオファーがあったものの、『尖ったアゴが空港の持ち物検査で引っかかるよー』とやんわりお断りしていた模様。

鳥栖っぽい

怪我で離脱しているマルキジオ、ナス大、ピヨ太郎ですが、来週末の鳥野戦には復帰見込みとのこと。

ちなみにタイトルに使ったサガン鳥栖の前身であるPJMフューチャーズには、昔ディエゴ・マラドンの弟のウーゴ・マラドーナが在籍していいましたが、コアなファンの間では『ディエゴに、後から俺も日本に行くから先に行っててくれ、と言われたのに、結局ディエゴは来なくてウーゴのひとり島流しだった』と言う説もあるので、この話は掘り下げない方向で。

画像ポン!

おーい、サザエさんが来たからお魚くわえて逃げる準備しておけー!